Go
Windows
golang

WindowsにGo言語をインストールする方法まとめ

WindowsにGo言語環境を整える方法は主に3つあります。

  • Chocolatey でインストールする (オススメ)
  • MSI形式インストーラーを使用してインストールする
  • WSL(Windows Subsystem for Linux) に対して、Linuxのインストール手順を実施する

開発を手元のWindowsパソコンで継続的に行っていく場合、パッケージマネージャのChocolateyは非常に便利なので、Chocolateyでインストールする手順を強くオススメします。

Chocolatey でインストールする

この手順を進めると、

  • GOROOT = C:\tools\go
  • GOPATH = %USERPROFILE%\go

の構成でGo言語がインストールされます。

まず管理者権限でコマンドプロンプトを起動する

以下の手順で操作します

  1. Winキーを押す
  2. cmd とタイプする
  3. 最も一致する検索結果 に表示された、 コマンド プロンプト を右クリックする
  4. 管理者として実行 をクリックする

コマンドプロンプトを管理者として開く.png

Chocolateyのインストール

すでにインストール済の場合はこの手順はスキップして下さい。

Chocolateyのドキュメントにある Install with cmd.exe に従って、以下のコマンドを実行します。

管理者:コマンドプロンプト
@"%SystemRoot%\System32\WindowsPowerShell\v1.0\powershell.exe" -NoProfile -InputFormat None -ExecutionPolicy Bypass -Command "iex ((New-Object System.Net.WebClient).DownloadString('https://chocolatey.org/install.ps1'))" && SET "PATH=%PATH%;%ALLUSERSPROFILE%\chocolatey\bin"

Go言語のインストール

Chocolateyがインストール済みであれば、以下のコマンドでGo言語をインストール出来ます。

管理者:コマンドプロンプト
choco install golang

Go言語のバージョンアップをするときは、以下です。

管理者:コマンドプロンプト
choco upgrade golang

GOPATH/bin をPATHに登録する

GOPATH/bingo get コマンドでインストールしたコマンドが入る場所です。
ここをPATHに登録しておかないとgo getでインストールしたコマンドが動きません。

以下の手順で操作します

  1. Winキーを押す
  2. env とタイプする
  3. 最も一致する検索結果 に表示された、 環境変数を編集 をクリックする
    環境変数を編集の呼び出し.png

  4. ユーザーの環境変数の一覧から Path を選択状態にして、編集 をクリックする
    環境変数.png

  5. 新規 をクリックする

  6. %GOPATH%\bin を入力する
    環境変数名の編集.png

  7. OKをクリックして、環境変数名の編集ウィンドウを閉じる

  8. OKをクリックして、環境変数ウィンドウを閉じる

コマンド プロンプト を再起動する

コマンド プロンプトを❎で閉じたら、再び起動します。
今回は、管理者権限は不要なので、以下の手順で起動できます。

以下の手順で操作します

  1. Winキーを押す
  2. cmd とタイプする
  3. 最も一致する検索結果 に表示された、 コマンド プロンプト をクリックする

コマンドプロンプト起動

goコマンドのバージョンを確認する

コマンド プロンプトで以下をタイプして、Enterキーを押します。

コマンドプロンプト
go version
コマンドプロンプト表示結果
go version go1.10.2 windows/amd64

のように表示されたら無事インストール完了です。

MSI形式インストーラーを使用してインストールする

この手順を進めると、

  • GOROOT = C:\go
  • GOPATH = %USERPROFILE%\go

の構成でGo言語がインストールされます。

MSI形式インストーラーをダウンロードする

https://golang.org/dl/ にアクセスして、Windows用のインストーラー(.msiファイル)をダウンロードして実行します。

ダウンロードリンクは以下のあたり。

Go言語MSIインストーラーのダウンロード

インストーラーを実行する

表示される手順に従ってインストールを進めていきます。

SetupWizard.png
ゴーファー君かわいい

インストール先フォルダは、変更せずに標準のままにしておく方が後で困りにくいので、そのままにしておきます。

インストール先フォルダ.png

あとはそのまま進めていって、Finishまで進めたらインストール完了です。

GOPATH/bin をPATHに登録する

Chocolateyを使う場合と手順が同じです。
こちらを参考に設定をしてください。

WSL を使う場合

実際に試していないので、メモだけ。

https://stefanprodan.com/2016/golang-bash-on-windows-installer/

WSL上では問題ないが、Windows側でVSCodeなどを使う場合に、どうするかは解決していなさそう。
https://github.com/Microsoft/vscode-go/issues/926

WSL上の ~/go が Windowsファイルシステムの /mnt/c/Users/.../go になるようにシンボリックリンクを貼り、Windows側にも同期される方法が良いらしい...
ln -s /mnt/c/Users/go ~/go

インストールの確認

Go言語のインストール確認も込めて、Go言語の現在の標準的なパッケージマネージャdepコマンドをインストールしてみましょう。

まずは、コマンド プロンプトを以下の手順で立ち上げます。

  1. Winキーを押す
  2. cmd とタイプする
  3. 最も一致する検索結果 に表示された、 コマンド プロンプト をクリックする

コマンドプロンプト起動

depコマンドのインストールコマンドを実行します。

コマンドプロンプト
go get -u github.com/golang/dep/cmd/dep

以下のコマンドでインストールが成功しているか確認します。

コマンドプロンプト
dep version

バージョン情報が表示されたら、成功です。

コマンドプロンプト表示結果
dep:
 version     : devel
 build date  :
 git hash    :
 go version  : go1.10.3
 go compiler : gc
 platform    : windows/amd64
 features    : ImportDuringSolve=false

以下のように表示される場合は、念のためWindowsの再起動を行ってから、dep versionを再度試してみてください。

コマンドプロンプト表示結果
'dep' は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。