Posted at

Chrome 拡張 で Javadoc をインクリメンタルサーチ

More than 5 years have passed since last update.

ラムダ式や Date & Time API が導入されてとても便利になった Java ですが、いざ使い方を調べようと思っても、肝心の Javadoc はデザインが今っぽくなっただけで、ちっとも便利になっていません。

20140530_001.JPG

このスクロールバーの小ささを見ても誰も何も感じないのでしょうか。

マウスホイールをぐりぐり転がし続ける生活に疲れ果てたので、無ければ作ろうと思って探したら、やっぱりありました。


Javadoc Search Frame

その名のとおり Javadoc を検索するフレームを追加する Chrome 拡張です。

この拡張をインストールして Javadoc を開きなおすと、標準のフレーム部分が検索窓のついたフレームに置き換えられます。

20140530_007.JPG

パッケージ名やクラス名を入力すると、インクリメンタルサーチした結果が表示されます。

20140530_008.jpg

Tab で検索結果にフォーカスを当てて Enter で当該ドキュメントを開くことができます。

20140530_010.JPG

Alt + Shift + S で検索窓にフォーカスを戻すことができます。


キャメルケース検索

Eclipse や Sublime Text 2 のように、クラス名の大文字だけで検索することもできます。

20140530_011.JPG

上記例の場合、LDTimeLoDaTi などと入力しても同じ検索結果が得られます。


ワイルドカード検索

前方一致以外で検索したい場合は、ワイルドカードを使うこともできます。

20140530_012.JPG


パッケージ指定検索

パッケージ名を指定して検索することもできます。この際、j.u.Date のようにパッケージ名を略記して検索することもできます。

20140530_013.JPG


Firefox 版

上記 URL の説明欄には


Also available for Mozilla Firefox:http://userscripts.org/scripts/show/23200


と書いてあるのですが、少し探した限りでは見つかりませんでした。見つけた方はコメントください。


まとめ

Java 8 で多数のインタフェース、クラスが追加され、もはやマウスホイールでは目的のドキュメントに辿り着くことすら困難になってきました。

いずれ Javadoc そのものが改善されるべきとは思いますが、それまでは今回紹介した拡張などを使って新機能の使い方を学習するとよいと思います。