OS X YosemiteでNTFSフォーマットのディスクに書き込めるようにする

  • 78
    Like
  • 11
    Comment

目的

MacではNTFSでフォーマットされたディスクを読むことはできますが、書き込むことができません。
Windowsで利用していた外付けハードディスクなどをMacでフォーマットせずに利用したい場合、追加でソフトウェアをインストールする必要があります。

前提

  • Homebrewがインストール済み
  • FUSE系のソフトウェアがインストールされていないこと

FUSE for OS Xのインストール

インストーラーを直接利用する場合

FUSE for OS XのWebサイトにOSXFUSEのインストーラーへのリンクがあるので、そこからダウンロードし、インストーラーを実行します。

途中、インストールパッケージの選択画面が現れます。チェックの外れているMacFUSE Compatibility Layerは、FuseHFS等のMacFUSE用のモジュールを利用したい場合に追加します。今回は不要なのでそのままインストールを進めます。

Homebrew Caskを利用する場合 (推奨)

こちらの方が手軽なのでオススメです。

Homebrew Caskがインストールされていない場合はインストールします。

$ brew install caskroom/cask/brew-cask

FUSE for OS Xをインストールします。

$ brew cask install osxfuse

NTFS-3Gのインストール

先にディレクトリの所有権を修正します。

$ sudo chown $(id -un) /usr/local/include
$ sudo chown $(id -un) /usr/local/lib
$ sudo chown $(id -un) /usr/local/lib/pkgconfig

NTFS-3Gをインストールします。

$ brew install ntfs-3g

mount_ntfsコマンドの置き換え

/sbin/mount_ntfsコマンドをNTFS-3Gのものと置き換えます。1

$ sudo mv /sbin/mount_ntfs /sbin/mount_ntfs.original
$ sudo ln -s /usr/local/sbin/mount_ntfs /sbin/mount_ntfs

元の/sbin/mount_ntfs/System/Library/Filesystems/ntfs.fs/Contents/Resources/mount_ntfsを指しています。

再起動

OS Xを再起動します。
その後、NTFSでフォーマットされたハードディスクなどに書き込みができるようになります。

参考


  1. El Capitan以降はSystem Integrity Protection (SIP, 通称rootless)によってそのままでは置き換えができないため、rootlessの無効化rootlessの有効化を参照してrootlessを一旦無効化してから置き換えを行ってください。