Posted at

Titanium CLI まとめ

More than 5 years have passed since last update.

普段良く使うTitanium CLIのコマンドをメモしておきます。


CLI インストール

TitaniumにはAlloyというMVCフレームワークがあるので、

WEBエンジニアは取っ付きやすいと思います。

普段Alloyで開発しているので、こちらもインストールしていきます。

$ npm install -g titanium

$ npm install -g alloy

$ ti -v
3.3.0

$ alloy -v
1.4.1


セットアップ+SDKインストール

#セットアップ

$ titanium setup
#以下のようにtitaniumをtiに省略しても実行できます
$ ti setup

#SDKのインストール
$ ti sdk install

#SDKの確認
$ ti sdk list
Titanium Command-Line Interface, CLI version 3.3.0, Titanium SDK version 3.3.0.GA
Copyright (c) 2012-2014, Appcelerator, Inc. All Rights Reserved.

Please report bugs to http://jira.appcelerator.org/

SDK Install Locations:
/Library/Application Support/Titanium
/Users/hogehoge/Library/Application Support/Titanium [default]

Installed SDKs:
3.3.0.GA [selected] /Users/hogehoge/Library/Application Support/Titanium/mobilesdk/osx/3.3.0.GA
3.2.3.GA /Users/hogehoge/Library/Application Support/Titanium/mobilesdk/osx/3.2.3.GA
3.2.0.GA /Users/hogehoge/Library/Application Support/Titanium/mobilesdk/osx/3.2.0.GA
3.1.1.GA /Users/hogehoge/Library/Application Support/Titanium/mobilesdk/osx/3.1.1.GA
3.1.0.GA /Users/hogehoge/Library/Application Support/Titanium/mobilesdk/osx/3.1.0.GA
3.0.0.GA /Users/hogehoge/Library/Application Support/Titanium/mobilesdk/osx/3.0.0.GA

#設定の確認
$ ti info


プロジェクトの作成

$ ti create --type=app --name=appname --id=com.domain.appname --platforms=android,ipad,iphone,mobileweb --url=http://appname.com

$ cd appname
$ alloy new
.__ .__
_____ | | | | ____ ___.__.
\__ \ | | | | / _ < | |
/ __ \| |_| |_( <_> )___ |
(____ /____/____/\____// ____|
\/ \/
Alloy 1.4.1 by Appcelerator. The MVC app framework for Titanium.

[INFO] Deployed ti.alloy plugin to plugins/ti.alloy/plugin.py
[INFO] Deployed ti.alloy hook to plugins/ti.alloy/hooks/alloy.js
[INFO] Installed "ti.alloy" plugin to tiapp.xml
[INFO] Generated new project at: app


iPhoneシミュレータにビルド

$ ti build -p iphone


iPhone端末にビルド

$ ti build -p iphone -T device 


AppStore用にビルド

/dist/appname.ipaファイルが作られる

$ ti build -p iphone -T dist-appstore 


Android端末にビルド

/build/android/bin/appname.apkファイルが作られる

$ ti build -p android -T device


TiShadowのインストール

コードの変更が即時反映されるので、毎回ビルドしなくても確認できるようになります。ただし、serviceが動かない、modelが使えないなど幾つか問題があるので、プロジェクトの初期で画面のUIを設定する際に使ってます。

$  npm install -g tishadow


シュミレータ上でTiShadowビルド

※端末も同じく device の後ろに --shadowをつければ使えます。

$ ti build -p iphone --shadow


余談

androidのエミュレータはGenymotionを使うのがいいです。

デフォルトはビルドが遅すぎてイライラしてしまうので

http://www.genymotion.com/