Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

初心者がESP32-DevKitCを使ってArduino IDEでLチカしてみた

はじめに

とりあえずLEDを点灯させてみましょう!
僕も詳しいことはよくわかりませんでしたがとりあえずLEDをつけてみたいと、、、
難しいことは点灯させてから考えましょう。

準備するもの

ESP32-DevKitC
・LED
・抵抗
・ブレッドボード
・USBケーブル(Micro USB Type-B)
・WindowsPC(Windows10)

準備する環境

ArduinoIDE
ArduinoIDEをインストールしましょう。
現在(2020/11/01)の最新はバージョン1.8.13です。
ArduinoIDEのWEBページ(https://www.arduino.cc/en/software)を開いて
画面右の赤枠をクリックします。
ard1.png
赤枠の「JUST DOWNLOAD」をクリックするとダウンロードできます。
右側の「CONTRIBUTE & DOWNLOAD」は寄付なので寄付したい方はそちらをどうぞ。
ard1 (2).png
ダウンロードしたインストーラ を起動してインストールしてください。
途中に出てくるダイアログは全部許可で大丈夫です。

CP210x USB - UART Bridge VCP Driver
次にCP2102をインストールしましょう。
CP2102はUSB-UART変換ICのドライバらしいです。
これをインストールしておかないとArduinoIDEでポート設定ができないみたいです。
赤枠からダウンロードしてzipファイルを展開しましょう。
CP210.png

Arduino core for the ESP32
最後にEPS32のプログラムを生成できるように、ボード制御プログラムを追加しましょう。
サポートするボードを拡張させてあげる必要があるようです。
赤枠のURLをコピーしましょう。
URL.png
先ほどインストールしたArduinoIDEを起動して、ファイル ➔ 環境設定
ard3.png
「追加のボードマネージャのURL」に先ほどコピーしたURLを張り付けてあげましょう。
ard4.png
次に、ツール ➔ ボード ➔ ボードマネージャ
ard5.png
「esp32」と検索して出てきたものをインストールしましょう。
現在(2020/11/01)の最新はバージョン1.0.4です。
ard6.png
最後に、ボードを選択しましょう。
どれが正しいのかよくわからないのですが、それっぽい「VintLabs ESP32 Devkit」を選択。
(色々試してみましたが、どれでもLチカできました)
ard7.png
ようやく環境が整いましたね!
いよいよ、LEDを点灯させましょう!!

ボード接続

・ブレッドボード
ブレッドボードはa~e、f~jの各5マスずつ内部で繋がっています。(写真黄ライン)
そのラインが30列×2あります。
+-の列は縦一列すべて繋がっています。(写真赤青ライン)
CFB68B9E-4EBC-4A0A-97B4-D73B56D3E9B3.jpeg

・ESP32接続
ESP32をブレッドボードに刺してUSBケーブルでPCに接続してみましょう。
赤いランプが点灯すればとりあえず接続完了です!
A1FBB453-E2E4-4CE4-AC90-2941F46C8DD3.jpeg

ArduinoIDEでESP32にコード書き込み

・LED点灯コード
簡単に説明すると、
1つ目のpinMode関数で4番のピンから出力(OUTPUT)を設定
2つ目のdigitalWrite関数で4番のピンに5ボルト(HIGH)の値を設定

void setup() {
  pinMode(4, OUTPUT);
}

void loop() {
  digitalWrite(4, HIGH);
}

・ArduinoIDE書き込み
上記のコードをArduinoに張り付けて赤丸をクリックして
マイコンボードに書き込みましょう。
「ボードへの書き込みが完了しました。」と表示されます。
ard8.png

LED点灯

・回路
いよいよLED点灯ですね!
ここでLEDと抵抗の登場です。
LEDは足が長いほうがプラスなので4番のピンに繋ぎます。
抵抗は向きありません、GNDピンに繋ぎます。
そしてLEDのマイナス側と抵抗を繋げましょう。
7C8A5C4C-D66B-462![6CDA5ACB-9C6F-4ABD-B19A-9E4A921A3355.jpeg](https://qiita-image-store.s3.ap-northeast-1.amazonaws.com/0/801032/abc3556f-c61e-25ef-6968-67a292198d7c.jpeg)<br>
E-933A-5AFB069E658F.jpeg

CBDAE633-E1F6-457B-940F-7439802FE91A.jpeg

光ったー!!!!!
コードを書き換えると点滅させたりもできるのでぜひ調べてみてください。

ganbare
IT企業新入社員
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away