Wake on Lan とは

ネットワークにマジックパケットを送信することにより、遠隔でPCを起動する技術です。
自宅のPC電源がオフだとリモートデスクトップなどのリモート操作はまったくできません。
Wake On LAN を使えば、オフになっているコンピュータの電源を遠隔からオンにできます。

環境

次の組み合わせで試しました。

  • ホストPC
    • OSはWindows10
    • Realtek製のネットワークアダプタ
  • BUFFALO製の無線LANルータ

ホストPCと無線LANルータは有線接続する必要があります。

Wake on Lan を有効化

  • OSの設定で Wake on Lanを有効にする
    • 手順: デバイスマネージャー > ネットワークアダプターを右クリック > プロパティ
      • Realtek製のネットワークアダプタなら、Wake on Magic Packet という項目を有効にする
      • ネットワークアダプタのメーカによって名称がバラバラなので、頑張って見つけて下さい
    • 参考: Wake On LANでコンピュータを起動する (1/2)
  • BIOS/UEFIの設定で Wake on Lan を有効にする
    • これも BIOS/UEFI によって設定項目の名称はバラバラなので、頑張って見つけて下さい
    • Wake On Lan を含むメニューの名称の例
      • Power / Power Management Setup / Power Management Event
      • APM Configuration
      • Advanced
    • Wake On Lan の設定項目の名称の例
      • WOL / Wake On LAN
      • Remote Wakeup
      • PME Event Wake Up
      • Power On by PCI/PCIE Device
    • 参考: Wake On LANでコンピュータを起動する (2/2)
  • Realtek製のネットワークアダプタならドライバを更新する
    • 手順: デバイスマネージャー > ネットワークアダプターを右クリック > ドライバーのソフトウェア更新

これでマジックパケットを送信することで遠隔で起動できます。

Windows 10の場合、高速スタートアップを無効にする必要があるかもしれません。

電源OFF時にルータからコンピュータを認識できない(ルータとのリンクが切れる)場合

BIOSの設定によっては、電源がOFF時に有線LANポート部分に電力が供給がされずに、ルータとのリンクが途切れ、ルータ側からパソコンを認識できない状態となってしまいます。

電力の供給状態はLANケーブルの差込口のランプの点灯で判断できます。

BIOSの設定を以下のように変更すると、電源OFF時にも認識できるようになるかもしれません。

  • Erp ReadyをEnabled(S4+S5)にする(参考
  • 省エネモードをDisabledにする

私の環境では、高速スタートアップが有効のときに電力供給が止まる現象を確認したので、この場合も高速スタートアップを無効にしましょう。

LAN内からマジックパケットを送信する

BUFFALO 製の無線 LAN ルータを利用しているなら、http://192.168.11.1/hosts.html からマジックパケットを送信できます。

それ以外の場合、マジックパケットを送信できるソフトを利用すると良いでしょう。

自宅外(WAN)からマジックパケットを送信する

自宅外(WAN)からルータの設定ページに接続できるようにします。

セキュリティ的には大きなリスクを伴うため、自己責任で行って下さい。

  • ルータの設定ページのパスワードをデフォルト以外に変える
  • WANからルータ設定ページへのアクセスを許可する
    • BUFFALO 製の無線 LAN ルータの場合、管理設定 > アクセス から許可できる
    • セキュリティ上の観点から、ポートを80番以外へ変更すると良い
  • (オプション)DDNSサービスでルータのIPアドレスの変更に対応できるようにする

参考

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.