Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
3
Help us understand the problem. What is going on with this article?

More than 1 year has passed since last update.

@gakuseikai

eclipse上でStruts2のデモプロジェクトを作ります

プロジェクトの作成

まず、eclipseを開いてプロジェクトを作成しましょう。
ファイル -> 新規 -> その他と進んで「動的Webプロジェクト」を選択して「次へ」を押しましょう。
スクリーンショット 2019-04-10 7.18.11.png
「プロジェクト名」にプロジェクト名(struts2_demo)を入力し、適当なTomcatサーバを選択して完了を押しましょう。
スクリーンショット 2019-04-10 7.20.49.png

プロジェクトにStruts2を組み込み

Struts2に必要なライブラリをダウンロードしましょう。
はじめての方は”struts-バージョン-all.zip”となっているファイルをダウンロードしましょう。
スクリーンショット 2019-04-09 21.49.29.png
ダウンロードしたStruts-2.5.20-all.zipを展開しstruts-2.5.20->libから次の13個を

  • commons-fileupload-1.4.jar
  • commons-io-2.6.jar
  • commons-lang-2.4.jar
  • commons-lang3-3.8.jar
  • commons-logging-1.2.jar
  • freemarker-2.3.28.jar
  • javassist-3.20.0-GA.jar
  • log4j-api-2.11.1.jar
  • ognl-3.1.21.jar
  • struts2-core-2.5.20.jar
  • xmlpull-1.1.3.1.jar
  • xpp3_min-1.1.4c.jar
  • xstream-1.4.11.jar

プロジェクトの配下のWebContent->WEB-INF->libにコピーします。
eclipseのプロジェクトエクスプローラー(左の小窓)上の同じ場所のlibをリフレッシュして環境に反映しましょう。
にドラッグ&ドロップしましょう。
スクリーンショット 2019-04-09 22.02.03.png
プロジュエクト名を右クリックして、Javaのビルド・パスから、クラスの作成先のパスを変更します。
スクリーンショット 2019-04-10 7.25.43.png

フォーム画面(index.jsp)

プロジェクトエクスプローラー(左の小窓)のWebContentの上で右クリック
新規->ファイルを押してJSPファイルを作成しましょう。
下記の画面が表示されるのでFile nameに”index.jsp”と入力して”Finish”を押しましょう。
以下のようにフォーム画面(index.jsp)を記述しましょう。

<%@ page language="java" contentType="text/html; charset=ISO-8859-1"
pageEncoding="ISO-8859-1"%>
<!DOCTYPE html PUBLIC 
  "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" 
  "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<html>
    <head>
        <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=ISO-8859-1">
    <title>Hello Struts2!</title>
    </head>
    <body>
        <form action = "HelloStruts2">
            <label for = "name">Please enter your name</label><br/>
            <input type = "text" name = "name"/>
            <input type = "submit" value = "OK"/>
        </form>
    </body>
</html>

結果画面(HelloStruts.jsp)

以下のように結果表示画面(HelloStruts.jsp)を記述しましょう。

<%@ taglib prefix="s" uri="/struts-tags" %>
<%@ page language="java" contentType="text/html; charset=ISO-8859-1" pageEncoding="ISO-8859-1"%>
<!DOCTYPE html PUBLIC 
  "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" 
  "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<html>
    <head>
        <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=ISO-8859-1">
        <title>Hello Struts2!</title>
    </head>
    <body>
        Hello Struts2, <s:property value="name"/>
    </body>
</html>

🌾「<%@ taglib prefix="s" uri="/struts-tags" %>」は、Jspのタグライブラリにページロードされています。

アクションファイルを作成

一見完成したように思えますがまだ未完成です。
なぜなら、フォーム画面から結果画面へ変数(name)を受け渡す必要があるからです。
そこで、変数の受け渡しを行うアクションファイル(HelloStruts2Action.java)を作成します。
HelloStruts2Action.javaをsrcの下にパッケージ名をhelloで作成します。
プロジェクトエクスプローラー(左の小窓)のJava Resources->srcで右クリックしHelloStruts2Action.javaを作ります。
スクリーンショット 2019-04-11 21.41.37.png

以下のようにHelloStruts2Action.javaを記述しましょう。

package com.stuts2.demo;

public class HelloStruts2Action {
    private String name;
    public String execute() throws Exception {
        return "success";
    }
    public String getName() {
        return name;
    }
    public void setName(String name) {
        this.name = name;
    }
}

Struts.xmlの作成(Strutsのルール)

「フォームの処理をHelloStruts2Action.excecute()で行い戻り値が”success”だったら”HelloWorld.jsp”(結果画面)を表示する」
ルールを明記する必要があります。
それはstruts2_demo->src->struts.xmlに記述します。
struts.xmlを下記のように記述しましょう。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" ?>
<!DOCTYPE struts PUBLIC
    "-//Apache Software Foundation//DTD Struts Configuration 2.0//EN"
    "http://struts.apache.org/dtds/struts-2.0.dtd">
<struts>
    <constant name="struts.devMode" value="true" />
    <package name="Demo" extends="struts-default">
        <action name="HelloStruts2" class="com.stuts2.demo.HelloStruts2Action" method="execute">
        <result name="success">/HelloStruts.jsp</result>
        </action>
    </package>
</struts>

package要素の属性には、以下の値が設定できます

要素 解説
name 複数のアクションをグループ可する際の名前。別のpakage名と重複しないようにする(必須)
extends 別のpackageを継承する。継承することによりそのパッケージの要素にアクセスできるようになる(任意)
namespace urlの一部になる(任意)
abstract trueを設定すると、子要素のactionが必須項目でなくなる(任意)

web.xmlの設定(URLのルーティング)

Strutsは、バージョンによってMVCフレームワークを開発環境に導入実現も違います。今回Struts2.5をロードしますので、
WebContent->WEB-INF->web.xmlに、以下のように内容を編集します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<web-app xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xmlns="http://xmlns.jcp.org/xml/ns/javaee" xsi:schemaLocation="http://xmlns.jcp.org/xml/ns/javaee http://xmlns.jcp.org/xml/ns/javaee/web-app_4_0.xsd" id="WebApp_ID" version="4.0">
    <display-name>struts2_demo</display-name>
    <filter>
        <filter-name>struts2</filter-name>
        <filter-class>org.apache.struts2.dispatcher.filter.StrutsPrepareAndExecuteFilter</filter-class>
    </filter>
    <filter-mapping>
        <filter-name>struts2</filter-name>
        <url-pattern>/*</url-pattern>
    </filter-mapping>
    <welcome-file-list>
        <welcome-file>index.html</welcome-file>
        <welcome-file>index.jsp</welcome-file>
    </welcome-file-list>
</web-app>

TomcatにContextを配置

Tomcatサーバのconf/Catalina/localhostディレクトリの下に、struts2_demo.xmlを作ります。
struts2_demo.xmlの中身は以下とないrます。

<Context path="/struts2_demo" docBase="/work/ws_eclipse/struts2_demo/WebContent" reloadable="false" source="org.eclipse.jst.jee.server:struts2_demo" />
オプション 解説
path Request-URIに対応するパスです。
※ Request-URIの参照リンク:http://www.javadrive.jp/servlet/request/index6.html
reloadable /WEB-INF/classes/ や /WEB-INF/libが変更されると、自動的に読み込みます。
docBase WebAppのContextフォルダを指定します。Tomcatは実行するとき、WebAppのフォルダーを探しその中のContextファイルを読んで画面表示に備えます。
workDir サーバレットのフォルダーを指定します。WebAppとやりとりするとき、temporary read-write(仮読みー書き)のために使います。

eclipseでstruts2アプリを起動

EclipseからTomcatを起動します。
起動するログには、以下のメッセージが確認できれば、struts2_demoが立ち上がりました。
スクリーンショット 2019-04-13 11.44.00.png
画面で動かしましよう。
ブラウザーに、「http://localhost:8080/struts2_demo/index.jsp」を入力すると、以下の画面が表示します。
スクリーンショット 2019-04-13 11.52.24.png
任意文言を書いてOKを押すと、次のページに遷移します。
スクリーンショット 2019-04-13 11.53.55.png

最後に、上記で作られたプロジェクトの構築は以下の通りになりました。
スクリーンショット 2019-04-13 12.02.25.png

3
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
3
Help us understand the problem. What is going on with this article?