search
LoginSignup
0
Help us understand the problem. What are the problem?

posted at

updated at

ArduinoIDE 2.0でM5stack Core2の開発環境を作る

はじめに。

この記事では,M5stackCore2の開発環境を,ArduinoIDE2.0で準備する手順について説明します。

Arduino IDE2.0のインストール

Arduinoの公式サイトからインストーラをダウンロードしてインストールします。本記事は,2.0.2で試しました。
https://www.arduino.cc/en/software
Windowsの場合,デバイスドライバのインストール許可を聞かれますので,全部「はい」でインストールします。

日本語化

デフォルトでは英語表示なので日本語化します。
メニューから「File」→「Preference」を選択します。
image.png

Languageを「English」から「日本語」に変更します。
image.png

メニューが日本語化されます。
image.png

ボードマネージャのインストール

デフォルトの状態ではM5stack Core2のボードが登録されていません。
ですので,M5stackCore2の書込みができるようにボードを登録します。

「ファイル」→「基本設定」を選びます。
image.png

追加のボードマネージャのURLに,下記URLをコピペします。

https://m5stack.oss-cn-shenzhen.aliyuncs.com/resource/arduino/package_m5stack_index.json

image.png

しばらく待つと完了します。

ライブラリのインストール

M5stack Core2用のライブラリをインストールします。

「ツール」→「ライブラリ管理」をクリックします。
image.png

検索窓に「core2」と入力します。以下の3つをインストールします。依存パッケージのインストールを聞かれるので,依存パッケージもインストールして下さい。

  • M5core2 by M5stack
  • M5GFX by M5stack
  • M5Unifiled by M5stack
    image.png

image.png

M5stack Core2を認識させる。

この時点で,接続先としてM5StackCore2を選択できるはずです。M5StackCore2を接続します。
✔→▷の右にあるドロップダウンをクリックし,「他のボードとポートを選択」をクリックします。
image.png

ボードの検索窓で「M5」と入力し,「M5stack-Core2」を選択します。M5StackCore2がつながっているであろうシリアルポート(USB)を選択してOKします。
image.png

接続確認

「ツール」→「ボード情報を取得」をクリックします。
image.png

ボード情報のBNとして「M5stack-Core2」が表示されていれば認識されています。おつかれさまでした。
image.png

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
0
Help us understand the problem. What are the problem?