Posted at

.cppファイルでObjective-C++を可能にする。

More than 3 years have passed since last update.


概要

基本的にObjective-CとC++を混在するファイルは.mmファイル内に記述し、iOSとAndroidで共通する処理は.cppファイルに記述すると自動的にXcodeがビルドオプションを設定してくれるのでベーシックな方法ではありますが、iOS firstで開発してる場合、ファイルの分離が面倒だったりすることもあります。

ファイル拡張子で区別するのではなく、自分でビルドオプションを設定してObjective-C++を可能にする方法を記載します。


方法1


  1. Xcode上でObjective-C++を記述したいcppファイルを選択。

  2. インスペクターの"Identity and Type"でTypeをC++ SourceからObjective-C++ Sourceに変更する。

  3. クリーンビルドを実行する。


方法2


  1. Build Settingsから"Other C++ Flags"を検索。

  2. オプションにobjective-c++を追加

方法2では全てのcppファイルがObjective-C++を許可するので、気持ち悪い人は方法1で個別設定することをオススメします。