Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
0
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

Organization

SOAPのstubファイル作成

近年RESTAPIが増えていますが、
まだまだSOAPもエンタープライズな用途としては使用する機会があると思います。

JavaのAxis2でSOAPAPIを構築した際の、wsdlファイルから呼び出し用のStubファイルを作成する手順の備忘録を載せておきます。

環境

Windows10

必要なもの

・SOAPのWSDLファイル(API提供元からもらってください)
・Axis2バイナリ(次項目で取得)
・JDK(事前にJAVA_HOMEを設定してください)

手順

1.Axis2バイナリ取得

以下のAxis2ページからDownloadsにアクセス
http://axis.apache.org/axis2/java/core/index.html

Binary distributionをダウンロード
image.png

2.作業フォルダにファイル配置

落としたファイルを下記に解凍
併せてWSDLファイルも配置

C:\dev

image.png

3.環境変数設定

環境変数を起動し、
新規追加でAXIS2_HOMEを設定してください。
今回は以下の値
image.png

4.Stubファイル作成

PowerShellを起動して、対象フォルダに移動します。
※事前にJAVA_HOMEは設定しておいてください。
PowerShell起動後に行った場合は、PowerShellを再起動してください。

cd C:\dev

以下コマンドを実施

C:\dev\axis2-1.7.9\bin\wsdl2java -o TestSvc -uri TestSvc.wsdl

-uri は、WSDLへのパスです。WSDLがURLでの提供だった場合は、URLを記述します。
-o は、Stub作成先のフォルダです。

実行すると同フォルダに -o で指定したフォルダが作成され、
SOAP実行用の

Stub.java
CallbackHandler.java

のファイルがフォルダ内に作成されているかと思います。

この2つをシステムに組み込み、SOAPを実行してください!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
0
Help us understand the problem. What are the problem?