Macbook Pro Retina 15インチ(Early 2013)にUbuntu 12.04を入れる

More than 1 year has passed since last update.

概要

MacでUbuntuを動かすと

  • NVidiaのグラボが使える
  • Retina解像度のディスプレイ
  • そこそこ持つバッテリ
  • 1台でMacも開発できる
  • Windowsとのトリプルブートもできる

というメリットがありそうです。

さっそくインストールしてみよう。

インストール

環境

  • MacBook Pro (Retina, 15-inch, Early 2013)
  • 2.8 GHz Intel Core i7
  • 16 GB 1600 MHz DDR3
  • Intel HD Graphics 4000 1024 MB / NVidia 650M
  • 751GB Flash Storage
  • Mac OS X Yosemite 10.10.1 (14B25)

ブートマネージャ

# on OSX
$ wget http://sourceforge.net/projects/refind/files/0.8.4/refind-bin-0.8.4.zip/download -O refind.zip
$ unzip refind.zip
$ cd refind-bin-0.8.4
$ ./install.sh

これでEFIパーティションにあるOSX以外のOSも起動できるようになります。

Ubuntu Bootable USB Stickを作る

# on OSX
$ wget http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/ubuntu-releases/precise/ubuntu-12.04.5-desktop-amd64.iso -O /tmp/ubuntu.iso
$ hdiutil convert -format UDRW -o /tmp/ubuntu.img /tmp/ubuntu.iso
$ diskutil unmountDisk /dev/<diskN> # diskutil listでUSBフラッシュの番号を確認しておく
$ sudo dd if=/tmp/ubuntu.img of=/dev/r<diskN> bs=1m

これでUbuntuの入ったUSBブート可能なフラッシュメモリの完成です。

Ubuntu OSパーティションの作成

  • Disk Utilityを開いてUbuntuのパーティションを作る。
  • フォーマットはfree spaceのままでOK
  • SSDなのでswap用の領域は不要

Ubuntuのインストール

  1. さきほど作ったUSBステイックを刺したまま再起動

  2. Install Ubuntuを選ぶ

  3. 指示通りにダイアログを進める

  4. 最後に再起動を促されるので、再起動する

  5. 再起動後はrEFIndの画面でMacとUbuntuが見えるはず。

Wifiを有効にする

1A. 別PCから必要なdebパッケージを持ってくる (dkms, libc6-dev, linux-libc-dev, bcmwl-kernel-source )
1B. USBの有線LANアダプタを付けてインターネットにつなぐ

でなんとかしてWifiのドライバインストールに必要なモジュールをインストールできるようにします。

# on Ubuntu
$ sudo dpkg -i <dependencies> # 手順1Aの人のみ
$ sudo apt-get update && sudo apt-get install bcmwl-kernel-source # 手順1Bの人のみ

NVidiaのグラボを有効にする

  1. ドライバのインストール
# on Ubuntu
$ sudo apt-get install linux-headers-`uname -r`
$ sudo apt-get install nvidia-current
$ sudo nvidia-xconfig 
  1. 設定ファイルの編集
  • xorg.conf
# on Ubuntu
$ sudo nano /etc/X11/xorg.conf

で設定ファイルを開き、

/etc/X11/xorg.conf
# Deviceセクションの中に以下を追加
Option "UseDPLib" "off"
  • grub
# on Ubuntu
$ sudo nano /etc/default/grub

で設定ファイルを開き

/etc/default/grub
GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT=“quiet splash“

となっているところを

/etc/default/grub
GRUB_CMDLINE_LINUX_DEFAULT=“quiet i915.lvds_channel_mode=2 i915.modeset=0 i915.lvds_use_ssc=0 splash“

にする。

さらに

# on Ubuntu
$ sudo update-grub

をする。

  • rc.local
# on Ubuntu
$ sudo nano /etc/init.d/rc.local
/etc/init.d/rc.local
# 最後に追加
setpci -v -H1 -s 00:01.00 BRIDGE_CONTROL=0

Optional F1-12キーをファンクションキーにする

標準だと輝度や音量変更などの特殊キーに割り当てられていて、ファンクションキーはfnキーと同時に入力しないといけない。
これは面倒なので特殊キーとファンクションキーを入れ替える。

# on Ubuntu
$ echo options hid_apple fnmode=2 | sudo tee -a /etc/modprobe.d/hid_apple.conf
$ sudo update-initramfs -u -k all
$ sudo reboot
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.