Help us understand the problem. What is going on with this article?

ステータスバーを非表示にして全画面にする一番簡単な方法

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

アプリのステータスバーを非表示にする方法で、(多分)一番簡単な方法を見つけたので、備忘録を残そうと思います。🙇‍♂️

ステータスバーとは

Screenshot_20190815-024613.png
画面上部の濃い緑になっているところがステータスバーですね!

実装

今回は Hide the status bar を見ながら実装しました。(本家のリファレンスが充実しているので勉強になります)
リファレンスでは Android 4.0 以前と Android 4.1 以降の例が載っているのですが、今記事では Android 4.1 以降のやり方しか書きませんので、4.0 以前のやり方も気になる方は本家のリファレンスを参考にしていただければと思います。🙇‍♂️

コードで非表示

window.decorView.systemUiVisibility = View.SYSTEM_UI_FLAG_FULLSCREEN
// supportActionBar?.hide() // toolbar を非表示にする。必要に応じて使用する

上記のコードを非表示にしたいActivityに追加すれば完成です。
簡単ですね。実質1行です。👏👏

コードで実装する上での4つのポイント

  1. UIのフラグがクリアされてしまった場合は再度アプリでフラグをリセットしてあげる必要がある。アプリのUIの可視性の変化を監視する方法はRespond to UI visibility changesを参照してください。
  2. onCreate()でしか上記のコードを呼び出していない場合、ユーザーがバックグラウンドにアプリを入れると再度表示されてしまう。なので、ステータスバーの状態を保持したい場合は、onResume()onWindowFocusChanged()などで設定する必要がある。
  3. setSystemUiVisibility()は呼び出し元のViewがVisibleの時にのみ有効。
  4. 呼び出し元のViewから離れた場合はsetSystemUiVisibility()がクリアされる。

values/styles.xmlで非表示

values/styles.xml
<item name="android:windowFullscreen">true</item>

上記の属性値を追加するだけでも全画面モードになります。👏👏👏
バックグラウンド→フォアグラウンドにしても全画面を保ったままになります。
画面ごとに全画面にするかどうかが決まっている場合は style に追加した方が簡単かと思います。🤔

最後に

ネットの記事を探し回っても全然うまくいかなく、本家を探したら普通に記事があってちゃんと公式を見ない
といけないなぁと思いました。😢
やはり困った時は公式に頼るのが一番いいですね。😂

fumiyakawauso
Androidアプリエンジニアとして働いてます。 Android歴は1年半ほどですが、まだまだ勉強中です。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした