Mobile Center で Xamarin.Forms 製の Android のアプリをビルドする

  • 2
    いいね
  • 0
    コメント

Mobile Center とは

Mobile 開発に必要なものがひとまとめになったオールインパッケージよのようなものです。

いろいろな機能があります。例えば、アプリの 継続的インテグレーション、UI Test, アプリのクラッシュ管理、、、 

今(2017/04/12) はまだプレビューなので、いろいろと機能が足りないところがありますが、かなり使える楽しみなサービスです。

やったこと

1. Mobile Center で Android/Xamarin な App を追加する

Add new というドロップダウンボックスをクリックすると出てくる、メニューの Add new app というボタンをクリックして追加します。

アプリの名前等を入力します。

自分は以下の設定にしました。

  • AutoCalc.Android
  • Android
  • Xamarin

2. Build タブをクリックする

左側にあるメニューの中から、 Build と書かれたメニューをクリックします。

3. Build するソースの取得元に Github を設定する

ソース元の選択

最近アップデートされて、 BitBucket のソースコードも選択できるようになったようですね。
Visual studio Team Services はまだサポートされていないみたいなので、楽しみですね。

Bitbucket: Connect to source code repositories using GitHub... and now BitBucket, too! VSTS support coming soon.

[https://docs.microsoft.com/en-us/mobile-center/general/changelog:embed:cite]

リポジトリの選択

検索ボックスを使うと簡単にリポジトリを見つけれる。

ブランチの選択

スクショでは、 master ブランチしかないです。。。すいません。

ブランチを選択すると、確認ページみたいなのに飛ぶので、 Set up Branch をクリックして、起動してみてください。

プロジェクトの選択や、ビルドするモード等の選択

Visual Studio team Services で ビルド定義を作るときと違って、簡単にプロジェクトを指定してビルドするようにできます。

Build on push のオプションを有効にすると、 Github にプッシュが来た時に自動でビルドを走らせれるようです。

また、今回はテストみたいな感じでやるので、 Sign の部分は設定していません。

4. ビルド開始してみる

ページが遷移して少し待つと、自動で最初のビルドが開始します。

5. ビルドが成功

あっけなく、アプリのビルドが成功してしまいました。 Visual Studio Team Services と比べると、はるかに簡単に継続的インテグレーションできます。

右上のあるコミットナンバーのところから、 Github のコミットの画面に飛べます。

また、ダウンロードのドロップダウンボックスのメニューからは、

Download build のメニューからは、 **.apk* ファイルがダウンロードできます。

Download log からは、 Build のログが zip でダウンロードできます。

まとめ

Mobile Center は、VSTS よりもはるかに手軽に、ハードルが低く利用を開始できるツールだと感じました。
ただ、今回は、利用しませんでしたが、 Xamarin Test Cloud がラップされた、 Test という機能もあることから、 モバイルアプリ、中でも Xamarin に特化されているなと感じました。たとえば、 ASP.net core などを 使ってごにょりたいときは、 VSTS を使うしかないのかなと。。。