Help us understand the problem. What is going on with this article?

MacとRaspberry piをインターネット共有でつないでみる

More than 5 years have passed since last update.

ニフティクラウドmobile backendのイベントでIoT系のイベントをやることが多くなったので、Tipsをまとめています。

今回はPCとRaspiを直接接続する方法をまとめる。
普通はRaspiをルーターにつないでssh接続を行うのだが、多人数だと煩雑なことも多いです。
Macはインターネット共有を使うと、MacとRaspiのEthernetの口をつなぐだけでSSH接続ができます。

有線接続の場合

ここではMacとRaspiを有線で接続する方法を記述したいとおもいます。
接続した時の図は下記

12177845_925364404208869_1191390079_n.jpg

※USBで電源供給、ThunderboltでEthernet接続している
では以下から順を追って説明します。

システム環境設定を開く

まず、アプリケーションから「システム環境設定」を開きましょう
下記のような画面が開くので、上から3段目「共有」をクリックします

スクリーンショット 2015-10-25 18.24.32.png

インターネット共有の設定を行う

MacとRaspiをLANケーブルで直接した状態で下記のような設定を行ってください。

スクリーンショット 2015-10-25 18.32.29.png

インターネット共有で「共有する接続経路」をWi-Fi
相手のコンピューターが使用するポートを「Thunderbolt Ethernet」
とそれぞれ設定します。
(ここの設定は個々人の環境に合わせて設定してください)

設定が適用されると、RaspiにIPアドレスが払い出されています。

RaspiのIPアドレスを調べよう

RaspiのIPアドレスを調べるため「コンソール」アプリを立ち上げましょう
「アプリケーション」の「その他」の中に「コンソール」があります
コンソールの画面が開けたら、下記の順番で操作を行い、Raspiのアドレスが観れます。大抵192.168.2.2となっているようです。

スクリーンショット 2015-10-25 18.38.02.png

sshで接続しよう!

あとは下記のコマンドを入力して、SSH接続をしましょう!
パスワードは初期設定であればraspberryだと思われます。

ssh pi@192.168.2.2

無線接続の場合

次は無線接続の場合
一点注意なのですが、
MacとRaspi間をWifi接続してしまうと、ルーター・Mac間は別の方法で接続する必要があります。
また、Raspberry pi にあらかじめwifi設定が必要となります。
RaspiとPCを接続する方法を紹介しているのに、あらかじめRaspiに接続して設定を行う必要があるという・・・インターネット共有で無線接続を使う方法はイケてない。

つなぐと以下の形・・・ThunderBoltは家のルーターに有線接続されている・・・イケてない

12180168_925381120873864_2038790187_n.jpg

インターネット共有でWifi設定

アプリケーションから「システム環境設定」を開き上から3段目「共有」をクリックし、インターネット共有の設定画面を開きます。

下記の図のように
共有する接続経路 「Thunderbolt Ethernet」
相手のコンピューターが使用するポート 「Wi-Fi」
に設定します。

スクリーンショット 2015-10-25 20.31.06.png

赤丸で囲った「Wi-Fiオプションをクリックすると、Wifiのネットワーク名やセキュリティ、パスワードが設定できます。

WPA-2パーソナルを選びました

RaspiのWifi設定

下記のコマンドを打つと設定できます

sudo wpa_passphrase Your_SSID Your_pass | sudo tee -a /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

ちなみにIPアドレスは有線の場合と変わり、192.168.2.3でした。

これでRaspiを再起動すると「、SSH接続が行えます。

JinTech
システム開発のサードプレイス(会社でも個人でもない第三の場所)を求めるエンジニアが集まるチーム。サービス開発、スキルアップ勉強会を実施。
http://web.jintech.team/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away