RaspberryPi
IoT

MacとRaspberry piをインターネット共有でつないでみる

More than 3 years have passed since last update.

ニフティクラウドmobile backendのイベントでIoT系のイベントをやることが多くなったので、Tipsをまとめています。

今回はPCとRaspiを直接接続する方法をまとめる。
普通はRaspiをルーターにつないでssh接続を行うのだが、多人数だと煩雑なことも多いです。
Macはインターネット共有を使うと、MacとRaspiのEthernetの口をつなぐだけでSSH接続ができます。

有線接続の場合

ここではMacとRaspiを有線で接続する方法を記述したいとおもいます。
接続した時の図は下記

12177845_925364404208869_1191390079_n.jpg

※USBで電源供給、ThunderboltでEthernet接続している
では以下から順を追って説明します。

システム環境設定を開く

まず、アプリケーションから「システム環境設定」を開きましょう
下記のような画面が開くので、上から3段目「共有」をクリックします

スクリーンショット 2015-10-25 18.24.32.png

インターネット共有の設定を行う

MacとRaspiをLANケーブルで直接した状態で下記のような設定を行ってください。

スクリーンショット 2015-10-25 18.32.29.png

インターネット共有で「共有する接続経路」をWi-Fi
相手のコンピューターが使用するポートを「Thunderbolt Ethernet」
とそれぞれ設定します。
(ここの設定は個々人の環境に合わせて設定してください)

設定が適用されると、RaspiにIPアドレスが払い出されています。

RaspiのIPアドレスを調べよう

RaspiのIPアドレスを調べるため「コンソール」アプリを立ち上げましょう
「アプリケーション」の「その他」の中に「コンソール」があります
コンソールの画面が開けたら、下記の順番で操作を行い、Raspiのアドレスが観れます。大抵192.168.2.2となっているようです。

スクリーンショット 2015-10-25 18.38.02.png

sshで接続しよう!

あとは下記のコマンドを入力して、SSH接続をしましょう!
パスワードは初期設定であればraspberryだと思われます。

ssh pi@192.168.2.2

無線接続の場合

次は無線接続の場合
一点注意なのですが、
MacとRaspi間をWifi接続してしまうと、ルーター・Mac間は別の方法で接続する必要があります。
また、Raspberry pi にあらかじめwifi設定が必要となります。
RaspiとPCを接続する方法を紹介しているのに、あらかじめRaspiに接続して設定を行う必要があるという・・・インターネット共有で無線接続を使う方法はイケてない。

つなぐと以下の形・・・ThunderBoltは家のルーターに有線接続されている・・・イケてない

12180168_925381120873864_2038790187_n.jpg

インターネット共有でWifi設定

アプリケーションから「システム環境設定」を開き上から3段目「共有」をクリックし、インターネット共有の設定画面を開きます。

下記の図のように
共有する接続経路 「Thunderbolt Ethernet」
相手のコンピューターが使用するポート 「Wi-Fi」
に設定します。

スクリーンショット 2015-10-25 20.31.06.png

赤丸で囲った「Wi-Fiオプションをクリックすると、Wifiのネットワーク名やセキュリティ、パスワードが設定できます。

WPA-2パーソナルを選びました

RaspiのWifi設定

下記のコマンドを打つと設定できます

sudo wpa_passphrase Your_SSID Your_pass | sudo tee -a /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

ちなみにIPアドレスは有線の場合と変わり、192.168.2.3でした。

これでRaspiを再起動すると「、SSH接続が行えます。