Help us understand the problem. What is going on with this article?

Unity5のPostProcessBuildでXcode Capabilityの設定する方法

More than 1 year has passed since last update.

XcodeのCapabilityの各種設定をPostProcessBuildで行う方法です。
Pushの設定などを有効にするアレです。

ざっくり流れ

In-App Purchaseなどentitlementsファイルが不要なcapabilityの場合

  1. Unityのリポジトリから, 最新のXcode Manipulation API(以下Xcode API)を持ってくる
  2. 既存のプロジェクトにインポートできるように修正する
  3. 最新のAPIでPostProcessBuildのScriptを書く

iCloudなどentitlementsファイルが必要なcapabilityの場合

  1. 一旦先にビルドしてXcodeProjectを作成する
  2. capabilityを設定し, entitlementsファイルを作成する
  3. PostProcessBuildでentitlementsファイルとビルドプロパティを追加する
  4. 以後entitlements file不要な場合に合流する

詳細な流れ

entitlementsファイルのいらないcapabilityの場合

Unityのリポジトリから, 最新のXcode APIを持ってくる

Kobito.EshUcI.png

  • リポジトリ内のXcodeフォルダをデスクトップなど作業環境にコピーします
  • ターミナルでXcodeディレクトリに移動し, 下記のコマンドでC#のソースコードのnamespaceを変更します.仮に変更後のnamespaceをUnity2017.iOS.Xcodeとします
$ pwd
Users/fullcorder/Desktop/Xcode
$ find . -name '*.cs' | xargs sed -i "" 's/UnityEditor.iOS.Xcode/Unity2017.iOS.Xcode/g'
  • Xcode/Propertiesディレクトリをは不要なので削除します
  • UnityプロジェクトのEditorディレクトリにXcodeフォルダごとインポートします

PostProcessBuildスクリプトを作成し下記のようにPBXProject#AddCapabilityを使って追加します

Unity2017.1のリファレンス
https://docs.unity3d.com/2017.1/Documentation/ScriptReference/iOS.Xcode.PBXProject.AddCapability.html

[PostProcessBuild]
public static void AddCapability(BuildTarget buildTarget, string path)
{
    if(EditorUserBuildSettings.activeBuildTarget != BuildTarget.iOS)
    {
        return;
    }

    string projPath = path + "/Unity-iPhone.xcodeproj/project.pbxproj";

    var proj = new PBXProject();
    proj.ReadFromString(File.ReadAllText(projPath));

    string target = proj.TargetGuidByName(TargetGroup);

    proj.AddCapability(target, PBXCapabilityType.PushNotifications);
    proj.AddCapability(target, PBXCapabilityType.InAppPurchase);

    File.WriteAllText(projPath, proj.WriteToString());
}
  • 以上ですあとはビルドすればOKです

entitlementsファイルが必要なcapabilityの場合

entitlementsファイルが必要な場合は, entitlementsファイルを作成したものをPostProcessBuildで追加し、あとはentitlementsファイルが不要な場合に合流します

entitlementsファイルを作成

  • UnityでiOSビルドしてXcodeProjectを吐き出します
  • Capabilityタブに行き, Pushなどをこうなりたい状態, PostProcessBuild後で設定後の形にします
  • entitlementsファイルがXcodeプロジェクト内に作成されるので取り出してUnityProjectにインポートします
  • Unityフォーラムの下記ポストからEntitlementsPostProcess.csをDLしてUnityにインポートします

https://forum.unity3d.com/threads/how-to-put-ios-entitlements-file-in-a-unity-project.442277/

  • EntitlementsPostProcess.csSerializeFieldであるEntitlements Fileにentitlementsファイルを設定します
  • 以上でentitlementsファイル追加が完了します

以後、前述の手順と合わせてビルドすると無事, 設定反映したになっていると思います
(Plist編集は別途スクリプト書いてください)

Kobito.fD9scK.png

その他

Unity2017からは多分使えるAPIなので、長いプロジェクトの場合, プラットフォーム依存コンパイルでUnity5のみ限定して今回変更したnamespaceを使うようにすると良いと思います。

環境

macOS Sierra
Unity 5.5.3f1
Xcode 8.3.2

参考
https://bitbucket.org/Unity-Technologies/xcodeapi
https://forum.unity3d.com/threads/how-to-put-ios-entitlements-file-in-a-unity-project.442277/

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away