search
LoginSignup
6

More than 3 years have passed since last update.

posted at

updated at

AWSクラウドプラクティショナー 受験記録

AWS クラウドプラクティショナーを受けたので勉強した内容と方法を残します

勉強期間2週間くらいでクラウドプラクティショナー受けました。
ご参考まで。

前提知識の有無

AWSは遊びでアカウント登録したくらい。
特に何も触ってません。
EC2、SQS、S3くらいは知ってたかな。

教材

やったこと

  1. ホワイトペーパーをさらっと眺める。  
    概要とアーキテクチャ。2~3時間もあれば読めます。
    とりあえず名前と出来ることくらい憶えておきましょう。
    試験では地味にサービス名を選ぶだけの問題も出ました。snowmobileとか。。。

  2. 白本を読む
    大体4時間くらいで読めました。
    ホワイトペーパーで出てきたサービス名をくっつけて雰囲気を掴む感じ。
    白本読んでてよかったなー。と思ったのは請求回り。
    技術屋さん的にはほぼ興味ないんだけれども、問題としては割と出るので注意。

  3. お勉強動画見る。
    全部で6時間以上あるので思った以上に苦痛。
    でも、まぁ通過儀礼と思って観ましょう。
    ここで、これ全然しらねーわ。とか思うところがあったら白本読むなりググるなりしましょう。

  4. 試験当日。
    白本の章末問題だけをつらっと舐める。
    ホワイトペーパーのサービス名を一通り見返す。
    上記だけやって受験。

結果

平日は1日2時間。試験前日と当日午前で詰込みした結果、無事合格。
ちなみに合格時の点数は913/1000点。(合格ラインは700点)

感想

実は参考書が思ったより早く読み終わったので同じシリーズのアソシエイトも買ってみたりしました。
中身も一通り読んだのですが、クラウドプラクティショナーとアソシエイトでは視点が違う感じがしました。
クラウドプラクティショナーは本当にプリ向けというか、費用面やAWSのメリデメの話。アソシエイトはサービスの中の話というか。そんなイメージでした。
なので、いやーAWS触ったことないんだけどねー。みたいな人もプラクティショナーであれば気負わずに受けても大丈夫かと。

以上。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
6