Help us understand the problem. What is going on with this article?

【50カウント】Pythonを使ったキー送信 for Windows

はじめに

1~50 までの数字を Web ブラウザに入力する作業を Python で自動化してみました。

環境

Windows の Python3 で作りました。
Anaconda ディストリビューションは必要なライブラリが最初から入ってましたが、Python公式サイトなどからインストールされていて win32com.client が import できない場合は下記コマンドで必要ライブラリをインストールしてください。

> pip install pypiwin32

スクリプト

sr50.py
import time
import win32com.client

def main():
    wshell = win32com.client.Dispatch('WScript.Shell')
    # 起動済みのFirefoxブラウザをアクティブWindowにする
    wshell.AppActivate('Firefox')
    # テスト用
    #shell.AppActivate('メモ帳')
    # 1秒待つ
    time.sleep(1)

    # 50ループ
    for cnt in range(50):
        # カウンタ値を1ずらし
        cnt+=1
        # 連続入力対策で 2秒待ち
        time.sleep(2)
        # 確認用
        print(cnt)
        #50カウントキー出力
        wshell.SendKeys(str(cnt) + '\n')


if __name__ == '__main__':
    main()

使い方

予めブラウザで SHOWROOM の画面を開き、テキストボックスにカーソルを移動しておきます。
その後、下記 Python スクリプトを実行すると 50 カウントが開始されます。

ブラウザは Firefox 用に作ってますが、AppActivate の引数を変えることで他ブラウザにも対応できると思います。
※引数に指定する名前はタスクマネージャーのプロセス一覧に表示される名前となります

参考サイト

SHOWROOM(ショールーム)
SHOWROOMの『カウント』とは?50カウントの意味と効果まとめ
@IT Windows管理者のためのWindows Script Host入門

fukuchan-senpai
半年前:四流エンジニア 現在:三流エンジニア
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした