Go
golang

go1.11のModulesを使って依存パッケージを管理する

今まで glidedep を使って依存パッケージを管理していたが、go1.11からModulesがお試し版で使えるようになったので試してみる。

まず、プロジェクトクトの配下で以下のコマンドを実行すると、go.modというファイルが作成される。

$ GO111MODULE=on go mod init

go.modの中身はこんな感じ。


go.mod

module github.com/fuku2014/sample

require (
github.com/go-sql-driver/mysql v1.4.0
github.com/jessevdk/go-flags v1.4.0
)


この状態で go buildを実行すると、自動的に依存ライブラリをダウンロードしてきてくれてビルドされる

$ GO111MODULE=on go build pkg/main.go

いろいろな依存パッケージ管理ライブラリが乱立している中、標準のgoコマンドで管理できるようになったのはうれしい。

go1.12から正式にリリースされる予定になっている。