PowerShellで権限変更

会議室のアクセス権限を変更します。
こちらのブログを参考にしました。こちらのサイトの方が詳しく解説されています。
Exchange Online の予定表のアクセス権変更を Powershell を使用して設定を行う~個別編~

この記事では、自分で行ったことだけを書きます。

PowerShellログイン

コマンドプロンプトを表示して、

powershell.exe

管理者権限で実行する

Start-Process powershell.exe -Verb runas

管理者権限で実行できたら、以下を入力する。

$UserCredential = Get-Credential
$Session = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri https://outlook.office365.com/powershell-liveid/ -Credential $UserCredential -Authentication Basic -AllowRedirection
Import-PSSession $Session -AllowClobber

認証画面が表示されるので、Office365の自分の組織の管理者アカパスでログインする。

ログインができたら、権限を変更する。

Set-MailboxFolderPermission 'room_hoge@***:\Calendar' -User '既定' -AccessRights 'LimitedDetails' -ErrorAction Stop

ここではroom_hogeの既定のユーザに対しての権限をLimitedDetailsに変更しています。
この権限設定であれば、予定のタイトルは表示されますが、詳細は表示されません。

なんでもできる権限の設定

例えば一般社員は規定の権限だが、総務社員は会議室の予定を強制的に変更できるようにしたい場合があります。

Set-MailboxFolderPermission -Identity 'room_hoge@***:\Calendar' -User paka@*** -AccessRights 'Author'

こんな感じにすれば出来ると思ったのですができませんでした。

とりあえず、管理者アカウントでOffice365にログインして、「Exchange管理センター」から「リソース」で会議室・備品を選択。
「メールボックスの委任」から「フルアクセス許可」にフルアクセスさせたい人を設定しました。

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.