Edited at

Cygwin環境構築メモ

備忘用。


cygwinインストール

色々纏めてインストール。

モノはこちら

setup-x86_64.exe ^

--root c:\cygwin ^
--local-package-dir %CD% ^
--site http://ftp.iij.ad.jp/pub/cygwin/ ^
--quiet-mode ^
--packages gcc,git,make,patch,libncurses-devel,openssl-devel,readline,libsqlite3-devel,libxml2-devel,libxslt-devel,wget,vim,screen,Tcl,gnupg


apt-cygのインストール

apt-cygはパッケージ管理用のツール。

アプリケーションが簡単にインストールできるようになります。

Cygwinを立ち上げて、以下のコマンドでGitHubからスクリプトをダウンロードできます。

# ↓正規版。開発終了したらしい。

wget https://raw.githubusercontent.com/transcode-open/apt-cyg/master/apt-cyg
# 参照:https://github.com/transcode-open/apt-cyg/blob/master/status.md

# しょうがないから、一番commitが活発らしい↓を導入するといいかも
# https://github.com/kou1okada/apt-cyg
wget https://raw.githubusercontent.com/kou1okada/apt-cyg/master/apt-cyg

・実行権限をつけてPATHの通っている場所に置く

chmod 755 apt-cyg

mv apt-cyg /usr/local/bin/

・国内のリポジトリから更新するようにする

apt-cyg -m ftp://ftp.iij.ad.jp/pub/cygwin/ update

・apt-cygのプロキシ設定

InternetExplorerを立ち上げる → 「ツール」 → 「インターネットオプション」 → 「接続」 → 「LANの設定」 → 「詳細設定」

の設定と同様に c:\etc\wgetrc の以下を設定する。

※wgetの設定をすると、apt-cygも使えるようになる

# ↓コメント(#)をとる

#https_proxy = http://username:password@proxyhost:port
#http_proxy = http://username:password@proxyhost:port
#ftp_proxy = http://username:password@proxyhost:port


vimインストール

apt-cyg install vim


curl / unzip インストール

apt-cyg install curl unzip


gcc環境整備

apt-cyg install gcc-core

apt-cyg install gcc-g++


ping文字化け対策

apt-cyg install libiconv libiconv-devel inetutils  # 必要なパッケージのインストール

git clone http://github.com/vmi/cocot
cd cocot
./configure && make && make install


.bashrc

alias ll='ls -l'

alias ping='cocot ping'
alias javac='javac -J-Dfile.encoding=UTF-8'
alias java='java -Dfile.encoding=UTF-8'


inetutils ( telnet )

apt-cyg install inetutils


expectインストール (Tclインストール・最新化済前提)

apt-cyg install expect


git

apt-cyg install git


(メモ)JSON整形

echo '{"key1": "value1", "key2": {"key3": "value3"}}' | python -m json.tool