TeX
Overleaf

Overleafを使った日本語論文の作成

Overleafはウェブブラウザ上でtex文書を作成できるクラウドサービス.

texは環境構築が結構面倒なので(昔に比べりゃ楽になったが,時間がかかるのは変わらない),このサービスは非常にありがたい.

ただ,日本語論文を作成するにはちょっとひと手間必要になる.

以下,備忘録として日本語論文作成方法をメモする.

以下のページを参考:

http://doratex.hatenablog.jp/entry/20180503/1525338512


プロジェクトの作成

まあ,まずはプロジェクトを作らないことには始まらないので,プロジェクトを作成.

Overleafそのものは日本語化されているので,これは簡単にできるはず.

image.png

まあ,まずは空のプロジェクト作成でよいと思う.

作ると勝手にtexファイルも作ってくれる.

試しに日本語を打ち込んでみるが,エラーになって反映されてない.

image.png

ちなみにコンパイルはCtrl+sでやってくれて,右側ペインに印刷イメージが表示される.

また右側ペインの上の「再編集」というボタンのプルダウンメニューでAuto Compileをオンにすると,手動でコンパイルしなくても都度勝手にコンパイルしてくれる.


日本語入力の設定

左上の「メニュー」をクリックすると,プロジェクトの設定を触るメニューが現れる.

この中のコンパイラが標準では「pdfLatex」になっているが,これを「Latex」にする.


latexmkrcの作成

次にプロジェクトに新しいファイルとしてlatexmkrcというファイルを作る.

中身は以下の通り.


latexmkrc

$latex = 'platex';

$bibtex = 'pbibtex';
$dvipdf = 'dvipdfmx %O -o %D %S';
$makeindex = 'mendex -U %O -o %D %S';
$pdf_mode = 3;

この中身が意味しているものはよー分からんでも,とにかく上記のとおりに打つ.

これを作ったら,あとはソースファイルをコンパイルすれば日本語が表示される.

image.png


ソースファイルの設定

学会等で提供されているクラスファイルやフォーマットを使うことは多いだろう.

それらをOverleafのプロジェクトにそのままアップロードして,うまく使えればよいが,中には古いウィンドウズのTex環境下で作られていてうまく動かないこともある.

そんな場合には,次の点をチェックしてみるとよい.


\documentclassの設定

ソースファイルの冒頭でクラスファイルを設定する際に,古いものだと以下のように記述していることがある.

\documentclass[dviout]{xxxxx}

この[dviout][dvipdfmx]に書き換える必要がある.

(ちなみに,完全に余談だが,スタンドアロンのLinuxでtexworkを使ってたときは[xdvi]にしてた)


ソースファイルのエンコード

アップロードをする際に,ソースファイルのエンコードがShift-jisやEUCだと日本語の文字化けが起こる.

なので,アップロードの際にはutf-8にエンコードしなおしておくこと.


参考

以下は参考リンク

http://island.geocities.jp/loveinequality/misc/excel2tabular/

表をtexのtablur形式に変換してくれるWebサービス.

エクセルからコピペできるので非常に便利.

ただ,あんまりエクセルで細かく加工したものを貼り付けるのは得策ではない.

あくまで「入力支援」としてセルの値の入力を助けてくれるものと考えて,細かなセルの加工や罫線の引き方の設定はtexで直接いじる方が

https://wiki.lyx.org/Windows/MetafileToEPSConverter

EMFやWMF(要はパワポで作った画像など)をEPSに変換してくれるアプリ

Webサービスで良いのがあればうれしいんだが,なかなか見つからない.

ということで,普段使うときは,このアプリをインストールしてつかってる.