Java
研修
台風

研修をオンラインでやってみる(自習サポートっぽくなる)

台風でなので実験的に研修はオンラインでやるよ。

事前準備

研修の一貫ですが、Qiitaを使うなら、まずはQiitaのガイドラインを読むところから。
コミュニティガイドライン - Qiita:Support

実施してみた課題(改訂版)

  1. DokoJavaを使ってみた記事を投稿する。
  2. だれでもよいのでいいねをもらう。
  3. DokoJavaを使ってみた記事を削除する。(投稿の練習なので、いいねもらったら削除する。残したかったら個人ブログへ。)
  4. すっきりわかるJavaを自分のスキルレベルにあった100〜150ページ分やって、要約と所感を投稿する。(該当ページも記載する)
  5. sfujikawaがコメントをする。
  6. sfujikawaのコメントにリアクション(記事の更新)する。

期限

  • 8/8は100〜150ページ分を目安とする。
  • 仮に、8/9が午後出社となった場合、300ページ分に相当。(あくまで目安)

注意事項

  • 最初なので、マークダウン記法や、レイアウトには、あまりこらないように。
  • 課題の2は、自前のPCにエクリプスなり、ネットビーンズなりIDEを入れて、実行させた結果などあるとよい。
  • 書くことにまよったら、疑問点(Qiitaの活用方法含め)を書いていけば良い。
  • 100%呼んでから記事を書くより、読みながら、コーディングしながら、記事も書く。
  • 記事は完成してから投稿せず、途中でも投稿して良い。後からいくらいでも編集できる。

所感

  • 速攻でガイドライン読むように指摘されました(下記コメント参照)。確かに読んでなかった!ぐぬぬ
  • 課題や期限など、進め方の伝達は、Qiitaを使わない。Qiitaはあくまで、学んだ結果のアウトプットとして利用(ガイドライン:プログラミング以外の内容は投稿しない)
  • 同じ課題の結果のアウトプットだと、似たような結果になるので課題は別々の内容にする。(ガイドライン:いまある記事の価値を高めよう)