LoginSignup
1
1

ORDS21と22以降のディレクトリ構造の違い

Posted at

はじめに

以前Oracle APEX23.2/ORDS23.4のインストールメモを記載しましたが、ORDSのディレクトリ構造が以前のバージョンと大きく異なっていましたのでまとめました

ORDS21の場合

構成フォルダのディレクトリ構造

./ords
|
+-defaults.xml      ・・・ データベース共通の設定
+-url-mapping.xml   ・・・ 各DBとURLのマッピング
|
+conf/
  |      
  +-apex.xml         ・・・ 他のDBにマッピングされていないルート(URL)で使用される設定
  +-(db-name).xml    ・・・ 各DB用の設定
  +-(db-name).xml    ・・・ 各DB用の設定
  • 「defaults.xml」に全てのデータベース共通の設定を記載し、「(db-name).xml」に各DB固有の設定を記載します
  • 「url-mapping.xml」に各DBへルーティングするルール(URL)を記載します
    (例)
    <pool name="db1" base-path="/path1" />
    <pool name="db2" base-path="/path2" />

ORDS22以降の場合

構成フォルダのディレクトリ構造

+- global/
    +- settings.xml   ・・・ ポート番号やルートパスなど
+- databases/
    +- default/
        +- pool.xml  ・・・ 他のDBにマッピングされていないルート(URL)で使用される設定
        +- wallet/
    +- (pool-name)/
         +- pool.xml ・・・ 各DB用の設定
         +- wallet/
    +- (pool-name)/
         +- pool.xml ・・・ 各DB用の設定
         +- wallet/
  • globalディレクトリには、ORDSインスタンス全体に適用される設定が含まれます
  • databasesディレクトリには、データベース・プール構成が含まれます
  • (pool-name)/pool.xml にDB固有の設定を記載します
  • URLとDBのマッピングは、(pool-name)の名前でマッピングされます。例えば、(pool-name)がdb1だった場合、「http://servername:port/ords/db1 」でアクセスした場合、db1にマッピングされます
  • 他のDBにマッピングされていないルート(URL)の場合、defaultが使用されます(旧バージョンのapex.xmlに相当します)

1
1
0

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
1
1