Help us understand the problem. What is going on with this article?

ETロボコン - シミュレーション環境構築

概要

ETロボコンのシミュレーション環境の構築手順書です。
本記事は、Windows10とmaOSに対応しています。

ETロボコン2020 - 公式サイト
ETrobocon/etrobo - GitHub

事前準備

パソコンに、Visual Studio CodeUnityをインストールしましょう。

Visual Studio Codeのインストール

開発用のエディタをインストールします。

Visual Studio Code - 公式サイト

Unityのインストール

シミュレーション実行環境をインストールします。

Unity - 公式サイト

WIN環境の構築手順

WSLの有効化

(1) 設定の検索バーから、Windowsの機能を起動します。

(2) Windows Subsystem for Linuxをチェックします。

Ubuntuのインストール

(1) Microsoft Storeの検索バーからUbuntuを検索します。

(2) Ubuntu 18.04 LTSをインストールして、Ubuntu 18.04 LTSを起動します。

(3) ターミナルが起動したら、ユーザ名とパスワードを入力します。

etrobo環境のインストール

(1) コマンドプロンプトからコマンドを実行して、自動インストーラーをデスクトップに作成します。

cd Desktop & echo wsl if [ ! -f ~/startetrobo ]; then wget https://raw.githubusercontent.com/ETrobocon/etrobo/master/scripts/startetrobo -O ~/startetrobo; chmod +x ~/startetrobo; fi; ~/startetrobo > "Start ETrobo.cmd"

(2) Start ETroboを実行して、ETロボコンのシミュレーション環境を自動構築します。

(3) 自動構築中にパスワードを聞かれるので、事前準備で作成したUbuntuユーザのパスワードを入力します。

(4) 自動構築が終了したら、Visual Studio Codeが起動するので、WSLの拡張機能をインストールします。

Visual Studio Codeの画面で、ETロボコンの走行プログラムをコーディングしていきます。

MAC環境の構築手順

etrobo環境のインストール

(1) ターミナルからコマンドを実行して、自動インストーラーをデスクトップに作成します。

cd Desktop; echo 'name=startetrobo_mac.command; if [ ! -f $name ]; then curl -O https://raw.githubusercontent.com/ETrobocon/etrobo/master/scripts/$name; chmod +x ~/$name; fi; ~/$name' > "Start ETrobo.command"; chmod +x "Start ETrobo.command"

(2) Start ETroboを実行して、ETロボコンのシミュレーション環境を自動構築します。

動作確認

(1) デスクトップ内のStart ETroboを起動します。

(2) コマンドを実行して、プログラムのビルドとシミュレーション環境へのアップロードを行います。

※ 以下のコマンドは、必ずetroboディレクトリ直下で行ってください。

make app=sample_c4 sim up

(3) シミュレーション環境で、スペースキー(またはETロボコンのタッチセンサ)を押して走行を開始します。

(4) 走行プログラムの終了します。

シミュレーション環境は、ESCキー(または終了ボタン)を押して終了します。
プログラムは、Visual Studio CodeターミナルからCtrl+Cで終了します。

競技コースの設定

競技コースは、ETロボコンに参加チームのに配布されています。
etrobosim2020_1.0_xxx.tar.gz

WIN環境の構築

WIN環境の競技コース設定手順

etrobo環境のアップデート

(1) etrobo環境を最新の状態にアップデートします。
Visual Studio Codeターミナルから以下のコマンドを実行します。

$ update

※以下の章は、手動で設定する場合の手順です。

etrobo環境に競技コースの配置

(1) エクスプローラーからWSL(etrobo環境)を開きます。

エクスプローラーの赤枠内に¥¥wsl$を入力します。

(2) etrobo環境の指定ディレクトリに競技コースを配置します。

競技コース(etrobosim2020_1.0_win.tar.gz)を/home/ユーザ名/etrobo/distディレクトリ内に配置します。

WIN環境に競技コースの配置

(1) 競技コースのファイルを解凍します。

解凍先のファイル名が文字化けしていないことを確認してください。

(2) WIN環境の指定ディレクトリに競技コースを配置します。

競技コース(etrobosim2020_1.0_win)をC:¥Users¥ユーザ名¥etrobosimディレクトリ内に配置します

MAC環境の構築

MAC環境の競技コース設定手順

etrobo環境のアップデート

(1) etrobo環境を最新の状態にアップデートします。
Visual Studio Codeターミナルから以下のコマンドを実行します。

$ update

※以下の章は、手動で設定する場合の手順です。

etrobo環境に競技コースの配置

(1) etrobo環境の指定ディレクトリに競技コースを配置します。

$ cp etrobosim2020_1.0_mac.tar.gz ~/BeerHall/etrobo/dist/

MAC環境に競技コースの配置

(1) 競技コースのファイルを解凍します。

解凍先のファイル名が文字化けしていないことを確認してください。

$ tar -zxvf etrobosim2020_1.0_mac.tar.gz

(2) MAC環境の指定ディレクトリに競技コースを配置します。

$ cp -r etrobosim2020_1.0_mac.app/ /Applications/etrobosim/

他の記事

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away