import文を書く意味

Java初学者です。

今回はimport〜を書く意味についてアウトプットさせていただきます。


Q: importとは?

和訳すると「持ち込む」,「輸入する」など。

外から何かを持ってくるみたいなニュアンス。

実際にjavaでも、パッケージの中のクラスやインターフェースを作業中のファイルで利用したい時に使います。


import文の書き方

簡単です。(下記の写真は例です)

2019-03-21 22.28のイメージ.jpg


最後に

プログラミングの基本原則として「1つのクラスは1つの役割を担う」というのがあるそうです。

ということは、開発を進めていく上で多くのクラスができると思います。

import文はかなり使うと思います。必要なところで書き忘れるともちろんエラーがおきますので忘れずに、書い間違えないようにしましょう。

内容としては薄いですがご容赦ください。

また、何か間違っている点やjavaに関する知識などはご教授いただきたいのでぜひコメント欄からよろしくお願いします。