JavaScript
Node.js
nodemon

グローバルインストールなしで nodemon を使用する


はじめに

Node.jsで開発中、修正が終わるたびに再起動するはなかなかの手間になり、

ストレスがたまります。そこでソース修正後に自動再起動してくれるnodemonの登場です。

nodemonはグローバルにインストールして使われることが多いようですが、

今回はnodemonをローカルインストールで動かす方法を調べてみました。


インストール

$ npm install --save-dev nodemon

この例では開発依存としてインストールしました。

--save-dev の代わりに --save を使用して、通常の依存としてインストールしても問題ありません。


package.jsonを編集

その後、package.jsonを以下のようにを編集します。


package.json

"scripts": {

"start": "nodemon index.js"
},

index.jsは適宜実行したいファイル名に置き換えてください。


サーバーを起動

$ npm start

以上で、ファイル修正後にnodemonが自動で再起動してくれるようになりました。