chef
Mackerel

さくらVPSにMackerelを導入したぞ

More than 3 years have passed since last update.


前談

自分でテストサイトとかを立てる用途で持っているVPSが、大したことしてないはずなのに、けっこうカジュアルに落ちがちだったので、監視を付けないとやべーぜということになった。

サーバーの監視ツールについてはぜんぜん知識がなかったので、周りのひとに聞いたりいろいろした末に、Mackerelさんに目をつけました。


導入方法

基本的にchefに乗っけて管理しているサーバーなので、chefおよびBerksfileの作業で導入を片付けたいですね。

その際の手引は、公式が用意してくれてます。

Chefによるセットアップ - Mackerel ヘルプ

ので本記事も、基本的にはこの手引をなぞっているだけです。


アカウント登録



  • https://mackerel.io/ からサインアップして、host登録して、API Key追加して、という感じで。

  • github連携があるサービスはよいですね。

  • host名登録するので、ここまででなんとなくできた感してしまいますが、まだMackerel側で受け皿を作ってくれただけなので、サーバー側に mackerel-agentをインストールしないと何も始まりません。


インストール

自分の場合、3つほどファイルを編集すれば完了でした。


Berksfile

以下を追記して、公式が用意してくれているcookbookへの依存を追加します。

cookbook 'mackerel-agent', tag: 'v1.1.0'


recipe

サービス周りのセットアップに使っているrecipeに1行だけ追加。

include_recipe 'mackerel-agent'

include_recipe 'mackerel-agent::plugins'も追加してくれーと書いてありましたが、いきなりpluginもなにもないと思うのでいったん放置。


attribute

お行儀良いかはあんまりわかってないですが、nodeの設定に追加。

{

"mackerel-agent": {
"package-action": "upgrade",
"conf": {
"apiKey": "xxxxxxxxxxxxx"
}
}

}

package-actionは、デフォルトでupgrade入れてくれてるっぽい気配がしたんですが、どうもその部分がうまく動かなかったので、手動追加。

API Keyは、先ほどのアカウント登録時につくったものをコピペです。


cook

以上の記述を完了して、お好みの手段でcookすれば、インストールが走るはず。


起動

インストールしただけでは、監視は開始されません。mackerel-agentを実際に起動するとこまでやらねばです。

こちらも好みあると思いますが、自分は手動でinit.d実行。(chefのserviceでいいんじゃないかと書きながら気づいた)

sudo /etc/init.d/mackerel-agent start


まとめ

監視を始めたら、いきなりMemoryが80%を越えてたことに気づいたりして、がたがたふるえています。