JavaScript
Bash
AppleScript
Automator

Automatorにおけるスクリプトの入出力

shell script

直前のアクションからはファイル/フォルダのフルパス(POSIXパス)が改行区切りで渡される。入力の引き渡し方法を「引数として」に変更すると以下のコードが自動で挿入されるので、ループの中でファイルに対し処理を行う。

後続のアクションに項目を受け渡したい場合は、echoで標準出力にフルパスを出力する。ミュージック関係のアクションでも、ファイルパスから該当のトラックを探し出して実行してくれる。

シェルスクリプトを実行
for f in "$@"
do
  echo "$f"
done

AppleScript

直前のアクションに応じたオブジェクトが配列としてinputに入っているので、ループを回して処理する。

後続のアクションに項目を受け渡したい場合は、inputをそのまま返す。自分で用意したオブジェクトを返す場合は、後続のアクションに合わせた種類のものを用意する必要がある。あるいは、フルパスを配列に入れて返しても良い。ちなみに、POSIXパスとHFSパスのどちらを返しても適宜処理してくれる。

AppleScriptを実行
on run {input, parameters}

  (* Your script goes here *)

  return input
end run

JavaScript

原則、AppleScriptと同じなので割愛。

JavaScriptを実行
function run(input, parameters) {

  // Your script goes here

  return input;
}