Help us understand the problem. What is going on with this article?

DockerでLAMP環境

More than 1 year has passed since last update.

もう何番煎じかわかりませんが、毎回調べてその都度ハマるのはもう嫌なので、自分の記録として残します。

docker-composeで以下の環境を作成します。

  • Apache 2.4
  • PHP 7.x
  • MySQL 5.7 or 8.0

Docker image

以下の公式イメージを使います。

PHP: https://hub.docker.com/_/php/
MySQL: https://hub.docker.com/_/mysql/

PHPはApacheが入っているもの(7.2-apache-stretch等)を利用します。

ディレクトリ構造

.
│  docker-compose.yml
│
├─src
│      ソースコード
│
└─docker
   │
   └─php
          Dockerfile

docker-compose.yml

version: '3'
services:
  app:
    build: ./docker/php
    volumes:
      - ./src:/var/www/html
    ports:
      - 80:80
  mysql:
    image: mysql:5.7
    environment:
      - MYSQL_ROOT_PASSWORD=root
    ports:
      - 3306:3306
    volumes:
      - dbdata:/var/lib/mysql
volumes:
  dbdata:

解説

services:
  app:
    volumes:
      - ./src:/var/www/html
  mysql:
    volumes:
      - dbdata:/var/lib/mysql
volumes:
  dbdata:

Dockerのコンテナは、内部の操作はコンテナの停止と共に破棄されてしまうため、特にDBコンテナではデータの永続化をする必要があります。

アプリケーションのソースコードはservices.app.volumesでローカルのディレクトリをマウントしているため、コンテナ内の操作とローカルの操作がリアルタイムに反映しあいます。

DBのデータの永続化は、以前はデータ格納用コンテナを別途用意していましたが、トップレベルのvolumesセクションでnamed volumeを指定することで簡単にできるようになりました。
今回はdbdataという名前のnamed volumeを作成し、mysqlのデータディレクトリにマウントしています。
postgresqlの場合は以下のようにします。

  volumes:
    - "dbdata:/var/lib/postgresql/data"

named volumeは全てのコンテナから参照できます。

Dockerfile

FROM php:7.2-apache-stretch
RUN apt-get update \
    && apt-get install -y libpq-dev \
    && docker-php-ext-install pdo_mysql pdo_pgsql

公式のphpイメージにはpdoがインストールされていないため、追加する必要があります(1敗)。

起動

docker-compose up -d

以上

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした