LoginSignup
12

More than 1 year has passed since last update.

AWS初心者がEC2を最低限の利用料金で利用する ~EC2スナップショット作成・リカバリ手順~

Last updated at Posted at 2020-08-12

概要

AWS請求$2.84。。。先月の私のAWS利用料です。
まぁ少額なのでいいですが、予想より使ってしまったな。という印象。
image.png

というのも先月はEC2で少しやりたいことがあり、ポチポチとEC2インスタンスを作成して
不要な時は停止していました。
が、費用削減できていなかったのは、EBS$2.01。。。
EC2よりよっぽど費用がかかってしまった。

image.png

詳細を見ると、EC2はインスタンスタイプの時間料金なので今回は「$0.0152/1時間」または「$0.0198/1時間」ですね。
対し、EBSは、Snapshotかボリュームのままかで料金が分かれており、単位はGB月ですね。
GB月はちょっとわかりにくいですが、30GBのディスクを1ヶ月まるまる使ったら(EC2の起動/停止に関係なく)30GB月で、
2週間だった場合、およそ15GB月となる感じですね。
それがSnapshotは「$0.05/1GB月」、ボリュームは「$0.12/1GB月」という感じ。
結果、ボリュームの単位料金が他の料金として比較して高く「$0.1」を超えているため
予想より利用料がかかってしまったという感じです。

ということで、今回はEBS利用料金を削減すべく、Snapshotを取って、使うときに戻す
という内容で自分への手順確立のための投稿です。
興味ある方はご覧ください(_ _)

EBS Snapshot手順概要

ざっくり以下の手順でSnapshot作成およびSnapshotからのボリューム作成を行います。

  • Snapshot作成手順
    • 1.EC2停止
    • 2.ボリュームからSnapShot作成
    • 3.ボリュームのデタッチ
    • 4.ボリュームの削除
  • Snapshotからボリューム作成
    • 1.Snapshotからボリューム作成
    • 2.ボリュームをアタッチ
    • 3.EC2起動

Snapshot作成手順

1.EC2停止

とりあえずEC2停止。停止しなくてもSnapshotは取れるけど心情的に停止^^;
その時重要なのは、ルートデバイスをメモっておくこと。

image.png

2.ボリュームからSnapShot作成

EBSの「ボリューム」メニューから、対象のボリュームを選択し「スナップショットの作成」

image.png

確認画面でもう一度「スナップショットの作成」

image.png

3.ボリュームのデタッチ

対象のボリュームを「デタッチ」する

image.png

4.ボリュームの削除

デタッチ出来たら対象のボリュームを「削除」する
これでボリューム料金の「$0.12/1GB月」の使用料がなくなる!

image.png

Snapshotからボリューム作成

1.Snapshotからボリューム作成

EC2を改めて起動したくなったら、まず
EBSの「スナップショット」メニューから、対象のボリュームを選択し「ボリュームの作成」

image.png

確認画面でもう一度「ボリュームの作成」

image.png

2.ボリュームをアタッチ

Snapshotから作成したボリュームを選択し「アタッチ」する

image.png

アタッチのメニューでデタッチした時のインスタンスを指定し、
「デバイス」欄にインスタンス停止時に確認しておいたルートデバイスを指定
表示されたデフォルトのままではダメ

image.png

Windowsの場合は以下のような画面になる。
が、やはりデフォルトの「xvdf」ではなく事前に確認した「/dev/sda1」等を入力する。

image.png

3.EC2起動

アタッチが終わったらEC2を普通に起動する

image.png

この時、アタッチのところでデバイスを間違っていると、インスタンス開始のエラーが発生する
エラーメッセージを読んでそのままだが、rootにボリュームがアタッチされてないよ。と言われる
(「2.ボリュームをアタッチ」のやり直し)

image.png

まとめ

これで使用料は、EC2/EBS起動している分だけ、EBSは「$0.05/1GB」となる。
今月は$1.00くらいに抑えられるかなぁ。
GUIの簡単操作だけど起動の度やるのは面倒になってくる。自動化(CLI?)しようかな。。。

補足

ちなみにEIPを使っている場合は、EC2停止時には料金がかかるのでお気を付けを。。。
EC2を起動しているとEIP自体は無料ですが、使っていないのにEIPを保持しているとお金がかかります。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
12