Mac
Chrome
ショートカットキー

Mac版のChromeで使えるショートカットキー

More than 3 years have passed since last update.


はじめに

Chromeで使えるショートカットキーの一覧はChromeのヘルプ内で紹介されています。今回はその中からよく使うであろうとkってに思ったショートカットキーを紹介します。

(ただし、⌘-Cのようにほとんどの人が知っているショートカットキーも入ってます。並び順はChromeのヘルプで紹介されている順です。)

最後におまけ追加(ただしChromeには関係なく、Macユーザー用です)。


ショートカットキー

ショートカットキー
内容

⌘-N
新しいウィンドウを開く

⌘-T
新しいタブを開く

⌘-Shift-N
新しいウィンドウをシークレット モードで開く

⌘-Shift-T
最近閉じたタブをもう一度開く。最後に閉じた 10 個までのタブが記憶される。

⌘-option-右矢印キー【→】
次のタブに切り替える

⌘-option-左矢印キー【←】
前のタブに切り替える

⌘-W
現在のタブまたはポップアップを閉じる

⌘-Shift-W
現在のウィンドウを閉じる

delete または ⌘-[
そのタブの閲覧履歴の前のページを表示

shift-delete または ⌘-]
そのタブの閲覧履歴の次のページを表示

⌘-M
ウインドウを最小化

⌘-Q
Google Chrome を終了

⌘-Shift-M
複数のユーザーを切り替える

URL を入力してから ⌘-Enter を押す
バックグラウンドの新しいタブで URL を開く

⌘-L
URL をハイライト表示

アドレスバーを選択後option-左矢印キー【←】
アドレスバー内の前の単語にカーソルを移動

アドレスバーを選択後option-右矢印キー【→】
アドレスバー内の次の単語にカーソルを移動

アドレスバーを選択後shift-option-左矢印キー【←】
アドレスバー内の前の単語をハイライト表示

アドレスバーを選択後shift-option-右矢印キー【→】
アドレスバー内の次の単語をハイライト表示

アドレスバーを選択後⌘-Delete
アドレスバー内のカーソルの前にある単語を削除

⌘-P
現在のページを印刷

⌘-Shift-P
[ページ設定] ダイアログを開く

⌘-Shift-I
現在のページをメールで送信

⌘-R
現在のページを再読み込み

Esc
現在のページの読み込みを停止

option を押しながらリンクをクリックする
リンク先をダウンロード

⌘-D
現在のウェブページをブックマークとして保存

⌘-Shift-D
開いているすべてのタブを新しい 1 つのフォルダにブックマークとして保存

⌘-Shift-F
ページを全画面モードで開く。もう一度 ⌘-shift-F を押すと全画面モードを終了

⌘-+
ページ全体を拡大表示

⌘と-を同時に押す
ページ全体を縮小表示

⌘-Option-F
アドレスバーに移動

⌘-C
ハイライト表示されたコンテンツをクリップボードにコピー

⌘-Option-C
現在表示しているページの URL をクリップボードにコピー

⌘-V
クリップボードからコンテンツを貼り付ける

⌘-Z
最後の操作を取り消す

⌘-Shift-Z
最後の操作を繰り返す

⌘-X
ハイライト表示されたコンテンツを削除して、クリップボードにコピーする

⌘-A
現在のページのテキストをすべて選択する


ショートカットキーでウィンドウの切り替え

Senebier(セネビエ)というMac OSXにおけるウインドウ操作を補助するシステム拡張ユーティリティのソフトをMacに入れることでOption-Tabで次の画面のように使えるようになります。

Senebierの使用中の画面

このソフトの使い方は開発者の方がPDFであげているので、そちらで確認してください。

http://www.bicoid.com/app/senebier/archive/manual.pdf

参考記事:Macのちょい効き!ワザ - WindowsのAlt+Tabのようなウィンドウ切り替えをMacで行なうには | マイナビニュース