Posted at

Ubuntu 15.10 でシリアルコンソールを有効にする

More than 3 years have passed since last update.

KVMの仮想マシンとしてUbuntu 15.10を立ち上げたのですが、シリアルコンソールを有効にする方法を探すのに手間取ったので紹介します。


ブート後にシリアルコンソールを有効にする

ubuntu serial consoleなどのワードで検索をしても、以前のupstartでの方法が多くヒットしてしまいます。Ubuntu 16.04からはsystemdに移行してしまうので、systemdでの方法が望ましいです。

検索していたところ、こちらの記事が見つかったので参考にしました。

http://qiita.com/h141dev/items/195a28a08eccb89a38d3

どうやら/etc/systemd/system/getty.target.wants/serial-getty@ttyS0.serviceに設定が用意されているようなので、enable, startをおこなうのみでよさそうです。

以下のコマンドのみで終了です。

$ sudo systemctl enable serial-getty@ttyS0.service

$ sudo systemctl start serial-getty@ttyS0.service


ブート時からシリアルコンソールを有効にする

OSがブートする前からシリアルコンソールを有効にするためには、GRUBへの設定が必要です。

以下の設定を/etc/default/grubに追加して、update-grubを実行します。


/etc/default/grub

GRUB_TERMINAL=serial

GRUB_SERIAL_COMMAND="serial --speed=115200 --unit=0 --word=8 --parity=no --stop=1"

$ sudo update-grub