Help us understand the problem. What is going on with this article?

CloudFormation support for Visual Studio CodeでCFnテンプレート記述を楽にする

More than 1 year has passed since last update.

CloudFormation support for Visual Studio CodeというGitHubで公開されているVSCodeのExtensionが大変便利でした。startと打つとCloudFormationの全体アウトラインを作ってくれたり、リソース名(vpcとか)を打つとスケルトンを一気に作ってくれたり、プロパティ名なんかも補完してくれます。
https://github.com/aws-scripting-guy/cform-VSCode

環境

  • OS: macOS Sierra (10.12.6)
  • Visual Studio Code: 1.30.1

インストール

  1. VSCodeのExtension検索ボックスにcloudformationと入力して検索します。ヒットした"CloudFormation VS Code Plugin for CloudFormation"をインストールします。(画面は全てMac版です。) image.png

使い方

  1. 新しいファイルを開き、Language ModeをYAMLにします。(JSONで書く場合はJSONも可です。) image.png
  2. "start"と入力すると補完が表示されるのでTabを入力します。 image.png すると、以下のようにCloudFormationテンプレート全体のスケルトンが自動的に入力されます。 image.png
  3. 例としてResouceにVPCを追加してみます。Resourceセクション内で"vpc"と入力します。補完が表示されるので同様にTabを入力します。 image.png すると、以下のようにVPCリソースのスケルトンが入力されます。 image.png

まとめ

過去のファイルから編集したりリファレンスからコピペしてやっていた作業がとても楽になりそうです。プロパティ名の補完もしてくれますがそんなに充実していないので、スケルトンで出てこないプロパティの補完には以下のschema(辞書)を併用するとより幸せになれます。

https://github.com/aws-samples/aws-cloudformation-advanced-reinvent-2018/blob/master/VSCode.md?fbclid=IwAR35MCE9UcLpp7FR_9Rj7N1OYcS4zRaS_SlEeF1LkdqqdoYwXAqxAK6u_JM:title

f-daiki
主にAWSに関する実験結果を載せていきます。 内容は私個人に帰属し、所属する組織を代表するものではありません。
aws-professional-services
AWSプロフェッショナルサービスは、お客様がクラウドのイノベーティブな活用によりビジネス価値を生み出すことを支援し、加速させるための有償のコンサルティングチームです。Twitterで情報発信しています。https://twitter.com/awscloud_jp
https://aws.amazon.com/jp/careers/teams/professionalservices/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした