まず覚えておきたいVimコマンド


はじめに

・自分の備忘録のためにも、Vimのコマンドの一覧を記事にしたいと思います。



・ファイル操作系コマンド

1.保存コマンド→:w

2.強制保存コマンド→:w!(ファイルによっては「読み込み専用」であったり、「他の人が開いている状態」であったりして、その場で警告が出て保存できない場合)

3.Vimを閉じるコマンド→:q

4.Vimを強制的に閉じるコマンド→:q!(編集後に:qコマンドを実施しても、その編集が破棄されるという警告が出てそのままでは閉じることが出来ません。それでも、閉じたい場合。)

5.保存してからVimを閉じるコマンド→:wq(:w と :q を組み合わせたコマンド)

6.保存してからVimを強制的に閉じるコマンド→:wq!(:w! と :q! を組み合わせたコマンド)



・モード変更系コマンド

7.カーソル位置の次の文字から編集を開始する→a

8.インサートモードを抜けるキー→Esc

9.カーソルがある場所から編集を開始する→i

10.カーソルのある行の先頭から編集を開始する→I

11.カーソルのある行の下に行を挿入して編集を開始する→o



・移動系コマンド

12.左へ移動するコマンド→h

13.下へ移動するコマンド→j

14.上へ移動するコマンド→k

15.右へ移動するコマンド→l

16.先頭行へ移動するコマンド→gg

17.最終行へ移動するコマンド→G

18.行末尾へ移動するコマンド→$

19.行先頭へ移動するコマンド→0

20.行の文字の開始位置へ移動するコマンド→^

21.次の単語に移動するコマンド→w



・検索系コマンド

22.検索コマンド→/検索したい言葉

23.該当の単語を検索するコマンド→#(カーソルがある位置にある「単語」を検索)

24.検索結果を順にたどるコマンド→n

25.検索結果を逆順にたどるコマンド→N



・置換コマンド

26-1.文字列をを別の文字列に置き換えるコマンド→:s/置換したい文字/置換後の文字/g

26-2.文字列をを別の文字列に置き換えるコマンド→:s10,20/置換したい文字/置換後の文字/gc

(10,20 => 10行目から20行目の間で、

g => 指定文字が1行に複数あっても全て対象として

c => 置換するか毎回チェックして実行)

以上です。