Network
ネットワーク
情報処理技術者試験

ネットワークスペシャリストのキーワード一覧

2018/09/20 更新再開

恥ずかしながら帰ってまいりました。

屈辱の去年の結果

  • 午前Ⅱ得点 64.00点
  • 午後Ⅰ得点 62点
  • 午後Ⅱ得点 47点

キーワードだけだと、午前が限界ですね。

受験票が届くまで、申し込んだことを忘れていました。
写真…撮ってこなくちゃね。

直前ということでいまさらじっくり取り組めないので、さらっとキーワードだけ。

※(ふたたび)試験日までは随時更新します。

対象者像・期待する技術水準

求められていることです。
忘れがちだけど、すごく大事なことです。

高度IT人材として確立した専門分野をもち、ネットワークに関係する固有技術を活用し、最適な情報システム基盤の企画・要件定義・開発・運用・保守において中心的な役割を果たすとともに、固有技術の専門家として、情報システムの企画・要件定義・開発・運用・保守への技術支援を行う者

目的に適合したネットワークシステムを構築・維持するため、次の知識・実践能力が要求される。
 (1) ネットワーク技術・ネットワークサービスの動向を広く見通し、目的に応じて適用可能な技術・サービスを選択できる。
 (2) 企業・組織、又は個別アプリケーションの要求を的確に理解し、ネットワークシステムの要求仕様を作成できる。
 (3) 要求仕様に関連するモデリングなどの設計技法、プロトコル技術、信頼性設計、セキュリティ技術、ネットワークサービス、コストなどを評価して、最適な論理設計・物理設計ができる。
 (4) ネットワーク関連企業(通信事業者、ベンダ、工事業者など)を活用して、ネットワークシステムの構築・運用ができる。

IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:制度の概要:ネットワークスペシャリスト試験

OSI基本参照モデル

上から先頭をとって「オープンセットね。デーブ」と覚えました。

  • アプリケーション層
  • プレゼンテーション層
  • セション層
  • トランスポート層
  • ネットワーク層
  • データリンク層
  • 物理層

ネットワーク理論の基本だが、これ自体を問われることはない。(現実的な実装はこれに完全にマッピングされるものではないため)

キーワードをリンクで覚えます。
「イーサネットはデブ」(イーサネットータリンク層、リッジ)

理論

  • 呼量
    • アーラン

IP

  • 「IPは寝る」(IPットワーク層、ータ)

  • CIDR

    • Classlessなサブネット。RFC 4632。
  • ルーティングプロトコル

    • RIP, OSPF, BGP
  • DHCP

    • L7のプロトコル。 DHCPDISCOVERをブロードキャストする。DHCPサーバが別のネットワークにある場合、DHCPリレーエージェントがDHCPサーバへユニキャストして中継する(→ルータの機能など。DHCPヘルパー)
  • ARP

    • DNSでIPアドレスを求めたのち、IPアドレスからMACアドレスを取得するプロトコル。 ARPリクエストをブロードキャストする。
  • VoIP

    • IPを使った電話。
    • SIP
  • マルチキャスト

    • 239.0.0.0~239.255.255.255
    • 特定の複数のノードにパケット送信
  • NAT/NAPT

    • グローバルアドレスとプライベートアドレスを変換。
    • Portも変換する→NA*P*T
    • NAPT≒IPマスカレード

無線LAN

  • IEEE 802.11 伝送規格
6.93Gbps 100Mbps 54Mbps 11Mbps
5GHz帯 ac n a -
2.4GHz帯 - n g b
  • IEEE 802.11i セキュリティ

    • WPA2 ( > WPA > WEP )
    • WPA2はAES
  • IEEE 802.1X RADIUS

    • 無線LAN、イーサネットで使用されるL2の認証
    • サプリカント(クライアント)⇔(EAP)⇔オーセンティケータ(スイッチ、アクセスポイント)⇔RADIUS⇔認証サーバ
    • EAPにはいくつかの認証方法がある。TLS, MD5など。
    • RADIUS≠LDAP。RADIUSは認証、LDAPはユーザデータベース。LDAPが認証的に使うことが多いため、紛らわしい。
    • PMK
  • 小規模での無線LAN

    • PSK(Pre-Shared Key)
  • CSMA/CA

    • AはAvoidance(回避)。ランダムに待つ(バックオフ)。
    • 有線でおなじみのCSMA/CDにおけるCDのDはDetection(検出)。
  • PoE, PoE+ (Power over Ethernet)

    • LANケーブルで給電する技術
    • IEEE802.3af
    • IEEE802.3at

仮想化

  • VLAN

    • L2でネットワークをセグメント分割する。物理的な配置によらず、ネットワークを分割できるのが良い。フロアに部署が混在したり、部署がフロアを跨いだり、管理用のセグメントを分けたり。スイッチングハブ(ブリッジ)の機能。ポートVLAN、タグVLAN(IEEE802.Q)。
  • VXLAN

    • L3, L2をまたぐVLAN。dockerをイメージ。新しいが午前問題くらいにはでてもおかしくない。RFC 7348。
  • SDN

    • Software Defined Network。ソフトウェアでネットワークを管理する技術の総称。
    • その実装のひとつがOpenFlow。シスコあたりの大手はOpenFlowに準拠する気がなさそう。
  • VRRP

    • ルータを仮想化することによって冗長化する。RFC 2338。

セキュリティ

  • 共通鍵

    • AES > DES
  • 公開鍵

    • RSA
  • チャレンジレスポンス認証

  • ワンタイムパスワード

  • デジタル署名

  • PKI

    • 公開鍵基盤。
  • SSL

    • 現在はTLS。技術的には同義。
    • データの暗号化。改ざんチェック。相手の信頼性。相手の信頼性の保障は認証局が行う。(→PKI)
  • VPN

    • IP-VPNとインターネットVPN。専用線に近いIP-VPNとインターネットのメリット・デメリットを持つインターネットVPN。
    • インターネットVPNはIPSecとSSLの実装がある。これらはレイヤーが異なるので補完関係にある。IPSecの方が低レイヤで汎用的。SSLはブラウザなどそのまま利用できるが、そういったもの以外への適用は面倒。
  • IPSec

    • SA, AH, ESP
    • データ部のみを暗号化するトランスポートモード、ヘッダごと暗号化して新たにヘッダを付与するトンネルモード。
  • IKE

    • 鍵交換。IPSecで通信するために事前に鍵交換を行う必要があるが、手動では現実的ではないのでIKEを使う。
    • Diffe-Hellmanアルゴリズム。
    • ISAKMP, OAKLEY, SKEME。

ルーティング

  • 大きくIGPとEGPに分類
    • EGPは試験ではあまり問われない(BGP)
    • RIP2やOSPFはIGP
  • RIP
    • 主にRIP2
    • ディスタンスベクタ型
  • OSPF
    • リンクステート型

低層の技術

  • STP

    • スパニングツリープロトコル
    • L2スイッチの機能
    • L2ネットワークのループの防止と冗長化
    • BPDUという管理フレームをやり取り
    • 高速化したものがRSTP
  • ミラーリングポート

    • L2スイッチを利用したネットワークだとパケットキャプチャが難しい
    • L2スイッチがフレームをミラーリングしてくれる

高層の技術

DNS

  • ネームサーバに問い合わせを行うソフトウェアをリゾルバという
  • 基本的にはUDPを使用する
  • 主なレコード
レコード 内容
A ホスト名→IPアドレス
AAAA ホスト名→IPアドレス(Ipv6)
PTR IPアドレスからの逆引き
NS ネームサーバ
MX メールサーバ
SOA ゾーン情報

IEEE802 整理

ネットワーク関係の標準規格が802。~
一部抜粋。紛らわしいのも多いので注意

ワーキンググループ 内容
IEEE802.1ad QinQ
IEEE802.1D STP
IEEE802.1Q VLAN
IEEE802.1D RSTP
IEEE802.1X 認証
IEEE802.3ad リンクアグリゲーション
IEEE802.3af PoE
IEEE802.3at PoE+
IEEE802.11e QoS
IEEE802.11i セキュリティ関係。WPA,WPA2
IEEE802.16 WiMAX系

その他

勉強のためにふと自宅のルーター(いわゆる普通のブロードバンドルーター)の設定画面を見てみた。
PPTP,DDNS,PPPoE,アドレス変換,DHCP,ファイアウォール,DMZ,NTP,QoS,…。
多機能ですね。

さいごに

(また)来年見返すことになりませんように…。

参考

IPアドレスの基礎知識 - Qiita
3 Minutes Networking
いまさら聞けないスイッチの基礎(1) LANスイッチとは? | マイナビニュース
ネスペイージス:ネットワークスペシャリストWeb教科書、Web参考書