Edited at

GCP上で独自ドメインを使う


背景

前回の記事の続きです。

今回は、前回立ち上げたRailsに独自ドメインでアクセスできるようにしてみます。

特に手順として難しいものは無いですが、https化へのつなぎの意味合いが強い記事です。


準備

ドメインを持っていない方は、freenomなどで無料のドメインを登録しましょう。

既に持っている方は、そちらをご利用ください。


手順


StaticなIPをもらう

前回の手順の最後でExternal IPが得られたと思いますが、これはEphemeralなアドレスで、状況によって変更されてしまいます。

そこで、これをStaticなアドレスに変更します。

やり方は簡単。

Webコンソールの左のメニュー "Networking" -> "External IP addresses" から先ほどのIPの項目を選び、

EphemeralとなっているtypeをStaticに変更するだけです。

Nameは何でもOKです。


DNSゾーンを作る

まずはゾーンを作ります。

"Networking" -> "Cloud DNS" から、"CREATE ZONE"を押します。

Zone nameには適当な名前、

DNS nameには取得したドメインを入れます。

すると、NSレコードが4つ表示されます。

ns-cloud-b1.googledomains.com.など


レジストラで設定

このNSレコードをお使いのレジストラで設定します。

freenomであれば、”Manage" -> "Management Tools" -> "Nameservers" -> "Use custom nameservers (enter below)"という所で5つまで設定できるので、1-4をgoogleのNameserverに設定します。

"Change Nameservers"をクリックし忘れると保存されないので要注意です。


Aレコードを設定する

先ほどStaticにしたIPを指定したAレコードを作ります。


確認

適当な時間をおいてアクセスしてみます。

IPでアクセスした場合と同じ表示が出れば成功です:tada:


その他

mailgunなどの設定ではドメイン認証が必要ですが、同じメニューでTXTレコードなどを追加できます。