Help us understand the problem. What is going on with this article?

GCP上で独自ドメインを使う

More than 1 year has passed since last update.

背景

前回の記事の続きです。
今回は、前回立ち上げたRailsに独自ドメインでアクセスできるようにしてみます。

特に手順として難しいものは無いですが、https化へのつなぎの意味合いが強い記事です。

準備

ドメインを持っていない方は、freenomなどで無料のドメインを登録しましょう。
既に持っている方は、そちらをご利用ください。

手順

StaticなIPをもらう

前回の手順の最後でExternal IPが得られたと思いますが、これはEphemeralなアドレスで、状況によって変更されてしまいます。
そこで、これをStaticなアドレスに変更します。

やり方は簡単。
Webコンソールの左のメニュー "Networking" -> "External IP addresses" から先ほどのIPの項目を選び、
EphemeralとなっているtypeをStaticに変更するだけです。
Nameは何でもOKです。

DNSゾーンを作る

まずはゾーンを作ります。
"Networking" -> "Cloud DNS" から、"CREATE ZONE"を押します。
Zone nameには適当な名前、
DNS nameには取得したドメインを入れます。

すると、NSレコードが4つ表示されます。
ns-cloud-b1.googledomains.com.など

レジストラで設定

このNSレコードをお使いのレジストラで設定します。

freenomであれば、”Manage" -> "Management Tools" -> "Nameservers" -> "Use custom nameservers (enter below)"という所で5つまで設定できるので、1-4をgoogleのNameserverに設定します。
"Change Nameservers"をクリックし忘れると保存されないので要注意です。

Aレコードを設定する

先ほどStaticにしたIPを指定したAレコードを作ります。

確認

適当な時間をおいてアクセスしてみます。
IPでアクセスした場合と同じ表示が出れば成功です:tada:

その他

mailgunなどの設定ではドメイン認証が必要ですが、同じメニューでTXTレコードなどを追加できます。

esplo
日頃からぷるぷるしています。直方体に近いです。
https://blog.esplo.net/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした