7
Help us understand the problem. What are the problem?

posted at

updated at

Processingライブラリを簡単に作る

Processingライブラリを作ろうとすると、
パスの設定とかめんどくさい作業が多いです。
そこで、Gradleを使って簡単にライブラリを作れるテンプレートを作ったので紹介したいと思います。

準備

まずはGradleをインストールしましょう。
Macの場合はbrew install gradleでインストールできます。

processing-library-template-gradle

processing-library-template-gradleを使ったライブラリの作り方

今回はhelloP5Libというライブラリを作る想定で書いていきます。
クラスはhello.p5.libパッケージのHelloクラスのみです。
このライブラリの使い方はこんな感じです。

Sample.pde
import hello.p5.lib.*;
Hello hello;

void setup() {
    size(300, 300);
    hello = new Hello(this, "Taro");
}
void draw() {
    background(0);
    hello.draw(100, 100);
}

スクリーンショット 2018-03-08 18.30.43.png

テンプレートをダウンロード

追記

現在は https://github.com/enkatsu/processing-library-template-gradle をテンプレートリポジトリに設定しているので、 Use this template から新しいリポジトリを複製して作業することをおすすめします。
その場合は、下記の git clone するURLは複製したものに置き換えてください。

mkdir helloP5Lib
cd helloP5Lib
git clone https://github.com/enkatsu/processing-library-template-gradle.git .

この時のディレクトリ構造はこんな感じです。

.
├── LICENSE
├── README.md
├── build.gradle
├── examples # ライブラリのサンプルスケッチ
│   └── HelloLibrary
│       └── HelloLibrary.pde
├── gradlew
├── gradlew.bat
├── settings.gradle
└── src
    └── main
        └── java # 実際にライブラリのソースコードを書くところ
            └── processing
                └── library
                    └── template
                        └── Sample.java

ビルドの設定

settings.gradle
rootProject.name='helloP5Lib'
build.gradle
group 'helloP5Lib'

ライブラリの実装

次にsrc/main/java/以下を編集してライブラリの中身を書いていきます。

rm -rf src/main/java/processing
mkdir -p src/main/java/hello/p5/lib
touch src/main/java/hello/p5/lib/Hello.java
Hello.java
package hello.p5.lib;

import processing.core.*;

public class Hello {
    PApplet app;
    String name;
    public Hello(PApplet app, String name) {
        this.app = app;
        this.name = name;
    }
    public void draw(float x, float y) {
        app.text(this.name, x, y);
    }
}

ライブラリのビルド

ビルドは以下のコマンドです。

gradle -q

リファレンスはこんな感じで出力できます。

gradle javadoc

この時点でのディレクトリ構造はこんな感じです。

.
├── LICENSE
├── README.md
├── build.gradle
├── examples
│   └── HelloLibrary
│       └── HelloLibrary.pde
├── gradlew
├── gradlew.bat
├── library # ビルドされたライブラリ
│   ├── classes
│   │   └── java
│   │       └── main
│   │           └── hello
│   │               └── p5
│   │                   └── lib
│   │                       └── Hello.class
│   ├── processingLibraryTemplate.jar
│   └── tmp
│       ├── compileJava
│       ├── jar
│       │   └── MANIFEST.MF
│       └── javadoc
│           └── javadoc.options
├── reference # 出力されたリファレンス
│   └── javadoc
├── settings.gradle
└── src
    └── main
        └── java
            └── hello
                └── p5
                    └── lib
                        └── Hello.java

Processingにインストールして使う

helloP5Libディレクトリをprocessing/libraries以下にごっそりコピーしたら完了です。
Processingを再起動してSketch > Import libraryに表示されるか確認してみましょう。
helloP5Libと表示されていたらオリジナルライブラリの完成です。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
7
Help us understand the problem. What are the problem?