Help us understand the problem. What is going on with this article?

fabric.ioでbetaテストapk配布の実装(画像まとめ、初心者向け)

More than 5 years have passed since last update.

Android開発には、beta版のテストを行うのにiOSのTestFlightのようなツール(simple but powerful)はほとんどないと思います。

そので、近年、fabric.ioがその一つの解決方法です。

今回、fabric.ioでbetaテストのapkを配布する手法について話したいと思います。

fabric.ioを導入

新規アカウントを作成するか、Crashlyticユーザーであればアップグレードするかという手法があります。自分が新規ユーザーです。fabric.ioの新規登録ページにメールアドレスを入力するとこいう画面が出て、招待メールが届くとアカウントを作成できます。

screen0.png

fabric.ioでCrashlyticをインストールする

Android Studioのプラグインをインストールして、そこでログインすると終了。簡単なので説明を略します。

ProjectにCrashlyticをインストールする

fabric.ioのアイコンをクリックして、fabric.ioが提供するサビースをインストールできます(Twitter APIかCrashlyticなど。自分の場合はCrashlytic)

fabric.ioのガイダンスに従うだけでできるので、説明を略します。終了画面だけをあげます:

screen1.png

beta apk をアップして、テスターを招待するなど

この記事のメインに入ります。fabric.ioの管理画面から「Distributions」ボタンをクリックすると、APKのアップ画面がでます。ここで、debug apkなどテスト用apkをアップして、テスターを招待できるようになります。

screen3.png

今回、Google Sample の Android Universal Music Player を使用して実装します。テスターを招待する後、テスターのメールへの招待が届きます。そこで、今後のガイダンスの詳細があります。その内容は:

  • テスト開始など

screen5.png

  • fabric.io の betaアプリのインストール

screen6.png

betaアプリを開くと、テストさせるアプリのapkをダウンロードできるようになります。ここはTestFlightとそっくりで、便利です。

テスターがアプリをインストールすることが管理画面で見えます。

screen9.png

まとめ

apkをアップする際、gradleタスクでもできます:

gradle

fabric.io管理画面はAndroid Studio内やWebでも同じで、便利です。

fabric.ioでのテスト配布に関しては以上となります。

eneim
the simple, the best
http://ene.im
givery
Giveryは社会を豊かにする人々のための成長エコシステムを創造する「成長」支援企業です。ITとリアルの両軸で事業を展開し、お客様・ユーザーの皆様・社員・社会の成長を全力で応援します。
https://givery.co.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした