Help us understand the problem. What is going on with this article?

DroidKaigi2016メモ:Support Library総復習

More than 1 year has passed since last update.

公式のスライドが出るまでの参考にどうぞ

発表者

Support Libraryの復習

  • 後方互換性を確保
  • Support Libraryは現在18個
  • 新しいOSのバージョンアップとともに増えていく傾向
  • なぜSupport Libraryが必要か?
    • 異なるAPIレベルでアプリを実装するために必要
    • 参考) JellyBean, KitKat, Lolipopはほぼ同程度のシェアで存在している

今日話さないこと

  • Testing周り
  • Data Binding周り

V series

v4 Support Library

  • Android 1.6 ~
  • たくさんAPIを持っている
  • Nested Scrooll View
  • Design Support Libraryの中で最近存在感を発揮

v7 Support Library

  • Android 2.1 ~
  • v7-appcompat
    • v4-supportに依存
    • マテリアルデザインのためのSupport Library
  • v7-recyclerview
    • CalendarView
    • やっぱカレンダーはどこでもRecylerViewで作るらしい
  • gridlayout
    • そこまで凝ったグリッドレイアウトでなればこちらで十分
  • mediarouter
    • chromecastを使うとき使う

v8 Support Library

  • RenderScriptをサポートするためのライブラリ
  • GPUを使った高速描画を実現する

v13 Support Library

  • Android 3.2 ~
  • android.app.Fragmentの中でViewPagerを使うためのライブラリ

v14 Support Library

  • android.app.Fragmentの中でPreferenceFragmentを使うためのライブラリ

v17 Support Library

  • android TVのインターフェース用のライブラリ?

v17 Leanback Library

  • android TVのインターフェース用のライブラリ
  • android TV用のThemeが入ってる
  • v4-support, v7-recyclerviewに依存

Speciality series

Multidex Support Library

  • メソッドの数制限
  • v21未満でのビルドに時間が掛かることが公式でも周知されている #### Annotation Support Library
  • @NotNull
    • nullがセットされたときに教えてくれる
  • @StringRes
  • ...

Design Support Library

  • FloatingActionButton
  • NavigationView
  • Snackbar
  • 新しいデザインパターン
    • CoordinatorLayout, AppBarLayout, NestedScrollView, FloatingActionButton
    • etc...

Custom Tabs Support Library

  • アプリの中にChromeの機能(セッション情報など)を組み込むことができる

Percent Support Library

  • レイアウトファイルを%指定で組むことが可能
  • FrameLayout -> PercentFrameLayout
  • LinearLayout -> PerccentLinearLayout

Recommendation Support Library

  • Android TV のホーム画面におすすめのコンテンツを表示する領域がある
  • これを作るためののライブラリ

まとめ

  • v4, v7 support libraryを使いこなそう
  • 必要に応じてspeciality seriesを組み込んでいこう
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away