Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationEventAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
8
Help us understand the problem. What are the problem?
Organization

【Shopify】liquidのオブジェクトについてまとめてみた (section~shopまで)

はじめに

今回は、Liquidのオブジェクトについて一つ一つまとめていきます。

sectionからselling_plan_allocationまでをまとめていきます。

それでは、頑張っていきましょう。

The section object

セクションオブジェクトを使用すると、セクションのプロパティと設定値にアクセスできます。

section.blocks

セクションのブロックの配列を返します。

section.id

静的セクションの場合、「.liquid」なしでセクションのファイル名を返します。動的セクションの場合、動的に生成されたIDを返します。

section.settings

テーマエディタで設定したセクション設定のオブジェクトを返します。設定の一意のIDを参照して、設定値を取得します。

input.liquid
<h2>{{ section.settings.heading }}</h2>
<a href="{{ section.settings.featured_collection.url }}">This week's best selling items</a>

アウトプットは以下になります。

<h2>Weekly promotion</h2>
<a href="/collections/new-this-week">This week's best selling items</a>

The shipping_method object

価格や合計などの金額の属性は、顧客の現地通貨で表示されます。結果を金額として表示するには、金額フィルタを使用します。

shipping_method.handle

Shipping_methodオブジェクトには次の属性があります。

input.html
{{ shipping_method.handle }}

shopify-international-shipping-25.00

shipping_method.original_price

割引が適用される前の配送方法の元の価格を返します。

input.html
{{ shipping_method.original_price | money }}

$20.00

shipping_method.price

配送方法の価格を返します。

input.html
{{ shipping_method.price | money }}

$15

shipping_method.title

配送方法のタイトルを返します。

{{ shipping_method.title }}

International Shipping

The shop object

ショップオブジェクトには次の属性があります。

shop.address

shop.addressに属性を追加して、ショップの住所に関する情報を返すことができます。

shop.address.city

ショップの住所にある都市を返します。

Ottawa

shop.address.country

ショップの住所にある国を返します。

Canada

shop.address.country_upper

大文字を使用してショップの住所にある国を返します。

CANADA

結果は、shop.address.countryで大文字のフィルターを使用した場合と同じです。

shop.address.province

ショップの住所の州または県を返します。

Ontario

shop.address.province_code

ショップの住所にある州または県の省略形を返します。

ON

shop.address.street

ショップの住所を返します。

shop.address.summary

ショップの住所の概要を返します。

shop.address.zip

ショップの住所の郵便番号を返します。

shop.checkout.guest_login

顧客アカウントがチェックアウトを完了するためにオプションであり、URLに?checkout_urlパラメーターがある場合、trueを返します。それ以外の場合は、falseを返します。

checkout_urlパラメーターは、訪問者がチェックアウト時にリンクからアカウントログインページにアクセスしたときに作成されます。

https://myshopify.com/account/login?checkout_url=https%3A%2F%2Fmyshopify.com%2F7117957%2Fcheckouts%2F87ff64e2e02b16%3Fkey%3D9b3ee8823%26step%3Dcontact_information

shop.collections_count

ショップ内のコレクションの数を返します。

shop.currency

ストアの通貨を返します(ISO 4217形式。例えば、USD。これはShopifyの管理画面(レポートを含む)で使用されている通貨です。

お店がマルチカレンシーを使用していない場合、ストア通貨は顧客のローカル通貨と同じになります。あなたの店がマルチカレンシーを使用している場合は、ストアの通貨は顧客の通貨と異なることができます。

カートの通貨を返すには、 cart.currency オブジェクトを参照してください。

チェックアウトの通貨を返すには、checkout.currency オブジェクトを参照してください。

ストアが使用できる通貨オブジェクトのリストを返すには、shop.enabled_currencies オブジェクトを参照してください。

shop.customer_accounts_enabled

チェックアウトを完了するために顧客アカウントが必要な場合はtrueを返します。それ以外の場合は、falseを返します。

shop.customer_accounts_optional

顧客アカウントがチェックアウトを完了するためにオプションである場合、trueを返します。それ以外の場合は、falseを返します。

shop.description

ストアの説明を返します。

shop.domain

ショップのプライマリドメインを返します。

shop.email

ショップのメールアドレスを返します。

shop.enabled_currencies

ストアが受け付ける通貨オブジェクトのリストを返します。

カートの通貨を返すには、 cart.currency オブジェクトを参照ください。

チェックアウトの通貨を返すには、checkout.currency オブジェクトを参照ください。

ストアの通貨を返すには、shop.currency オブジェクトを参照してください。

shop.enabled_payment_types

お店で受け入れられているクレジットカード、暗号通貨、その他の支払いタイプの配列を返します。支払いタイプのリストは、あなたの店の有効な支払いプロバイダで受け入れられているものに基づいています。

支払いタイプのロゴを表示するには、payment_type_svg_tag フィルタを使用してインライン SVG を表示します。または、payment_type_img_url フィルタを使用して SVG 画像へのリンクを表示することもできます。

shop.metafields

ショップのメタフィールドを返します。メタフィールドは、ShopifyAPIを使用してのみ設定できます。

shop.money_format

Shopifyが通貨を表示せずにお金をフォーマットするために使用する文字列を返します。

shop.money_with_currency_format

Shopifyが通貨を表示しながらお金をフォーマットするために使用する文字列を返します。

shop.name

ショップの名前を返します。

shop.password_message

ショップのパスワードページメッセージを返します。

shop.permanent_domain

ショップの.myshopify.comURLを返します。

shop.phone

ショップの電話番号を返します。

shop.policies

ショップのポリシーオブジェクトの配列を返します。これらのポリシーは、Shopify管理者のストアの法的設定で設定できます。

<ul>
{% for policy in shop.policies %}
  <li>{{ policy.title }}</li>
{% endfor %}
</ul>

アウトプットは以下になります。

<ul>
  <li>Privacy policy</li>
  <li>Refund policy</li>
  <li>Shipping policy</li>
  <li>Terms of service</li>
</ul>

個々のポリシーは、ショップオブジェクトで直接参照できます。各ポリシーには、独自のポリシーオブジェクトがあります。

input.liquid
{{ shop.privacy_policy.title }}

Privacy policy

shop.privacy_policy

ストアのプライバシーポリシーのポリシーオブジェクトを返します。

shop.published_locales

shop_localeオブジェクトの配列を返します。各オブジェクトは、ショップで公開されているショップロケールを表します。

{% for locale in shop.published_locales %}
  {{ locale.name }} ({{ locale.iso_code }})
{% endfor %}

shop.refund_policy

ストアの払い戻しポリシーのポリシーオブジェクトを返します。

shop.shipping_policy

ストアの配送ポリシーのポリシーオブジェクトを返します。

shop.subscription_policy

ストアのサブスクリプションポリシーのポリシーオブジェクトを返します。

shop.terms_of_service

ストアの利用規約のポリシーオブジェクトを返します。

shop.products_count

ショップ内の商品の数を返します。

shop.secure_url

httpsプロトコルが付加されたショップの完全なURLを返します。

input.liquid
{{ shop.secure_url }}

https://johns-apparel.com

shop.taxes_included

商品の価格に税金が含まれている場合はtrueを返します。それ以外の場合は、falseを返します。 これは、ストアの税設定で設定できます。

input.liquid
{% if shop.taxes_included %}
  Taxes included
{% else %}
  Excluding taxes
{% endif %}

Taxes included

shop.types

ショップ内のすべての一意の商品タイプの配列を返します。

{% for product_type in shop.types %}
  {{ product_type | link_to_type }}
{% endfor %}

shop.url

ショップの完全なURLを返します。

input.html
{{ shop.url }}

http://johns-apparel.com

shop.vendors

ショップ内のすべての一意のベンダーの配列を返します

{% for product_vendor in shop.vendors %}
  {{ product_vendor | link_to_vendor }}
{% endfor %}
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
8
Help us understand the problem. What are the problem?