Posted at

Atom EditorでHaskell

More than 3 years have passed since last update.

如法会 1の資料 その1です。

Atom EditorでHaskellの環境を整える記事はいくつかありましたが、ちょっと古げなので書いておきます。

最近はstackをインストールするだけでghcが使える。

なので、まずは、stackをインストールする。OS Xの場合をかいておく。

$ brew install haskell-stack

エディターが利用するhaskellのパッケージをインストールする。

$ stack install stylish-haskell hlint ghc-mod

Atom Editorをインストールする。

AtomをインストールしたらAtomを起動して「install shell Commands」でatomコマンドとapmコマンドをインストールする。

apmでパッケージをインストールする。

$ apm install ide-haskell autocomplete-haskell haskell-ghc-mod ide-haskell-repl language-haskell linter-hlint linter

インストール後、設定で変更した。


  • autocomplete-haskellの「use Backend」を「haskell-ghc-mod」に変更

  • ide-haskell-replの「Command Path」を「stack」に変更

大体の説明はide-haskellに書いてある。

$HOME/.local/bin/を環境変数PATHに追加している設定例をみたがatomコマンドをつかって起動している限りでは、stackをちゃんとつかえています。


気になってること

設定もapmからできるんじゃないかと気になっている。


入れたパッケージ


参考文献