tigergate820

APIによるビジネス化 - apigeeを使ってみる

APIによるビジネス化を検討します
apigeeを使ってみます

0. apigeeにサインアップします

  • apigeeのサイトへアクセスしてフリートライアルのユーザーIDを取得します

スクリーンショット 2017-08-30 7.43.30.png

  • メールが届くのでその中のリンクをクリックするとactivateされます
  • 自分用の組織(「ユーザー名-trial」などの名称になります)が作成されるまで少し時間がかかります(30分程度など)
  • 組織が作成されるとApigeeのログイン画面左上の自分のユーザーIDのプルダウンで自分用の組織(「xxxxx-trial」など)が選択可能になります

1. チュートリアル1:OpenAPIの仕様の作成

スクリーンショット 2017-08-30 7.44.27.png

2. チュートリアル2:APIの作成

スクリーンショット 2017-08-29 13.04.06.png

  • 次にこのサービスへアクセスする「APIプロキシー」を作っていきます
  • Develop⇢Specsを選択し、作成された「mocktarget」 サービスをメニュー表示した状態で、右端の「More」メニューから「Generate API Proxy」を選択します
  • 「Details」画面はそのまま「Next」、次の「Flows」画面はすべての項目が選択されている( デフォルト)ことを確認し「Next」、「Security」画面では「Pass through(none)」を選択して「Next」、「Virtual Host」画面ではすべて選択されていることを確認して「Next」、「Build」画面は「Test」が選択されている(デフォルト)ことを確認し、画面右下の「Build and Deploy」ボタンを押してAPIプロキシーを生成します
  • 画面が「Generated Proxy」、「Uploaded proxy」、「Deployed to test」と完了(緑色に変化)し、「View mocktarget-...」メニューが表示されたら作成されたAPIプロキシーを開いてみます
  • 画面中央に作成されたAPIプロキシーのURLが表示されています
  • 作成されたAPIプロキシーを確認するため、curl http://<org_name>-test.apigee.net/mock-target-apiもしくはブラウザで同URLをアクセスしてみます
  • 設定がうまくいっていれば、Hello,Guest!が返されます
  • 同様に、curl http://<org_name>-test.apigee.net/mock-target-api/xmlもしくはブラウザで同URLをアクセスします
  • 設定がうまくいっていれば、{"root":{"city":"San Jose","firstName":"John","lastName":"Doe","state":"CA"}}などJSON形式で結果が返されます

3. チュートリアル3:APIの公開

スクリーンショット 2017-08-29 14.07.02.png

  • 次に前項と同様にこのサービスへアクセスする「APIプロキシー」を作っていきます
  • Develop⇢Specsを選択し、作成された「footcarts」 サービスをメニュー表示した状態で、右端の「More」メニューから「Generate API Proxy」を選択します
  • 「Details」画面はそのまま「Next」、次の「Flows」画面はすべての項目が選択されている( デフォルト)ことを確認し「Next」、「Security」画面では「Pass through(none)」を選択して「Next」、「Virtual Host」画面ではすべて選択されていることを確認して「Next」、「Build」画面は「Test」が選択されている(デフォルト)ことを確認し、画面右下の「Build and Deploy」ボタンを押してAPIプロキシーを生成します
  • 画面が「Generated Proxy」、「Uploaded proxy」、「Deployed to test」と完了(緑色に変化)し、「View foodcarts-...」メニューが表示されたら作成されたAPIプロキシーを開いてみます
  • 画面中央に作成されたAPIプロキシーのURLが表示されています
  • 次にこのAPIを公開していきます
  • Apigeeのコンソールから「Publish」→「API Products」を選択します
  • 画面右上の「+API Product」を押し、「Product Detail」画面で、「Name」欄に「StreetCarts」、「Display Name」欄に「StreetCarts」、「Description」欄に「StreetCarts API」、「Environment」は「Test」を選択し、「Access」は「Public」を選択し、「Key Approval Type」は「Automatic」(デフォルト)が選択されていることを確認し、「Quota」と「Allowed OAuth Scope」は空欄(ブランク)のままとします。
  • 「Resource」セクションの「API Proxy」プルダウンメニューを開き、「Food-Carts−API」を選択し、「Revision」は「1」、「Resource Path 」は「/」を選択します。「Import Resource」を押すとPathsとAPI Proxies欄に値が設定されます。

スクリーンショット 2017-08-29 14.19.42.png

  • 「Publish」⇢「Portals」を選択します。「+Portal」を押し、「Name」欄に「myportal」、「Description」欄に「My first portal」等と入力します。
  • 「Create」を押しAPIポータルを作成します

スクリーンショット 2017-08-29 14.22.26.png

  • ポータル画面右上の「APIs」を開いても、この時点ではAPIが登録されていないことを確認します
  • 前項までに作成したStreetCartsAPIをポータルへ追加して公開します
  • 「Publish」⇢「portals」から上記で作成した 「myportal」を選択します。URLをクリックするとポータル画面へ遷移してしまうので、「myportal」の名前の部分をクリックする点に注意します。
  • 表示するメニュー画面から「APIs」を選択します

スクリーンショット 2017-08-29 14.27.44.png

  • 画面右上の「+API」を押してAPIを追加していきます

スクリーンショット 2017-08-29 14.28.29.png

  • 表示されるAPI一覧から「StreetCarts」APIを選択し、「Add Spec Snapshot」を押します。
  • 「Publish」が選択されていることを確認し、「Review」で内容を確認したのち、「Save & Complete」を押してAPIを公開します
  • ポータル画面から「APIs」を選択すると、公開したAPIが表示されることを確認します

スクリーンショット 2017-08-29 14.31.36.png