Help us understand the problem. What is going on with this article?

Typescript の Enum の個人的なまとめ

Typescript ドキュメントの Enum のページ の概要を日本語でまとめる。

enum の定義

typescript での enum は下のように定義できる。値を省略したり、文字列にしたりもできるがそれらは元記事参照。

enum Direction {
  UP = 1,
  RIGHT = 2,
  DOWN = 3,
  LEFT = 4
}

enum の値を参照・代入する

Direction という enum 型を定義しているときは下のような感じで使う。

const userDirection : Direction = Direction.UP;
console.log(userDirection); // 1 を出力

value から key を取り出す

ドキュメントの #reverse mappings に書いてある

const directionString : string = Direction[1];
console.log(directionString); // "UP" を出力

すべての key を取り出す

Typescript ではそのような機能をサポートしていない。今の所自分でなんとかするしかなさそう。

// key と value が混ざっている
const list: string[] = Object.keys(Direction);

// key のみ
const keys: string[] = list.filter((k: any) => typeof Direction[k] === "number");

// value のみ
const values = keys.map((k: any) => Direction[k]); // なぜか型指定できない…。

ヘルパーメソッド(ユーティリティ関数)を追加する

#Enum with static functions に書いてある。export がない場合はサンプル通りで良いのだが export がある場合は、見慣れない書き方になる。たとえば下のような感じ。

enum Direction { ... } // 略

namespace Direction {
  export function helper(){ ... } //略
}

export {Direction}

また、これは eslint の no-namespace でエラーになってしまうという問題もある。しかたがないので Enum にヘルパーメソッドを追加するのは諦めたほうがよいかもしれない。

あたりが次善策という感じ。

eggc
福岡で働く技術者です。web 系の仕事が中心です。 ruby や javascript を触っています。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした