Help us understand the problem. What is going on with this article?

最新の Microsoft Information Protection ソリューションによる機密データの保護

セッション説明

https://tokyo.myignitetour.techcommunity.microsoft.com/sessions/83683

メモ

  • 2016年と比較して2025年までに作成および保存されるデータ量は10倍になる
  • データ中心の保護をしないと
  • 機密データとビジネス上の重要データを保護、管理するための戦略
    • 機密性の高いデータはどこにありどのように処理しているか
    • 機密性の高い組織内、組織外を移動するときにアクセスを管理できているか
    • データの分類、ラベル付け、保護するためのソリューションを使っているか
  • MIPの機能
    • 機密ラベル
    • 情報に合ったラベルを付ける
    • 特性
      • カスタマイズ可能
      • コンテナやファイルのメタデータとして永続化
      • 他システムで読み取り可能
      • ラベルに基づいてDLPポリシーを適用
      • パートナーソリューションへの拡張
    • アプライ
      • 手動または自動での適用
      • コンテナやファイルへの適用
      • 保管中、使用中、転送中のデータへのラベル付け
      • ラベルに基づいた保護アクションの適用
  • 情報保護ライフサイクル全体にわたる利害関係者を理解する
    • 色々なロールの人と連携していく image.png
    • CISO
      • 理想的なセキュリティを定義する人
    • コンプライアンスオフィサー
      • 理想的なセキュリティを定義する人
    • データ管理者
      • 実際にポリシーを作成する人
      • 理想的なセキュリティを定義する人
    • データ所有者
      • ビジネスの観点で要不要の判断ができる
      • 持っているひとではない
      • ポリシーをチューニングする人
    • ヘルプデスク
      • 技術的に対応する人
      • ポリシーをチューニングする人
    • 利用ユーザー
      • この方たちからのフィードバックが重要
      • ポリシーをチューニングする人
    • 分類の定義 image.png
    • データセキュリティと生産性のバランス image.png
    • ポリシーは小さく始めてチューニングしていく
  • ベストプラクティス image.png
  • データ保護ストラテジー image.png
    • ラベルをサイバーセキュリティの戦略として用いることもできる
  • ソリューション全体で構築する利点 image.png
    • サービス側で色々な制限をする
  • デプロイメント(継続する)
    • ラベルとポリシーの作成を支援したグループ
    • 彼らとコミュニケーションをとりましょう
    • 組織内でチャンピオン、リーダーとインフルエンサーを育成する
    • 監視と分析結果のデータを確認することも重要ですが、実際の利用ユーザーやヘルプデスクの声を直接聞くことも重要です。
    • キープレイヤーやチャンピオンの意見、分析結果などを総合的に踏まえてポリシーを強制するポイントを調整します。
  • MIPを使用する利点 image.png
  • MIPの始め方 image.png
    • AIPを使っている場合は移行作業が必要になる可能性がある
  • MIPの原則
    • 統合
    • インテリジェンス
    • 人手を使わないAI
    • 拡張可能
    • SDKで開発
    • パートナーと連携
    • 自動化
    • ユーザー中心
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした