Help us understand the problem. What is going on with this article?

DevOps でアプリケーションデリバリーを管理しよう

セッション説明

https://tokyo.myignitetour.techcommunity.microsoft.com/sessions/83721

メモ

  • DevOpsとは
    • エンドユーザーに価値を継続的に提供できるヒトとプロセスおよびプロダクトの連携です(MS)
    • DevOpsの定義は存在していないため色々な会社が自社のDevOpsを定義している
    • リードタイムを短縮して早く価値を届けたい
    • DevOpsを行った企業が成しえたもの
  • 人・プロセス・プロダクト
    • 人と人をシームレスにつなぐ
    • プロセス
    • プラン
    • 開発+テスト
    • リリース
    • モニタリング+ラーニング
    • プロダクト
    • Develop
      • GitHub
      • Visual Studio
      • VS Code
    • Operate
      • Azure Monitor
      • Azure Policy
      • Azure Automation
      • Azure Security Center
    • Deliver
      • Azure DevOps
      • GitHub Extentions
      • GitHub Actions
    • Azure DevOps
    • Azure Boards
      • カンバンボード
    • Azure Repos
      • コード管理
    • Azure Pipelines
      • デプロイパイプライン
    • Azure Artifacts
      • パッケージの管理
    • Azure Test Plans
      • マニュアルテスト
      • ブラウザからテスト実行
      • クリックした瞬間にスナップショットを取得したりとかできる
    • GitHub
      • コーディングワークフローを提供
  • DevとOpsの関係
    • コード化が進んでいる
    • GUIでの設定の限界
    • ログとして保存できる
    • 統合が進んでいる
  • デモ
    • Dev
    • コード
    • ユニットテスト
    • GitHubリポジトリ
    • CI/CDオートメーション
    • Ops
    • Azure DevOps Project
    • Webサーバー
    • スケーリング
    • CD/CIオートメーション
    • モニタリング
    • セキュリティ
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした