Help us understand the problem. What is going on with this article?

Windows 10へNode.jsをインストールする

概要

  • Node.jsをNode.jsのサイトからダウンロードしてインストールします。
  • Node.jsの利用方法を説明します。

Node.jsのインストール

  1. インストーラをNode.jsのダウンロードサイトを開きます。

    1. Node.js - ダウンロード
  2. 「LTS版」の《Windows Installer》をクリックしてダウンロードします。
    image.png

  3. ダウンロードしたインストールファイルをクリックしてインストーラーを開きます。
    image.png

  4. 《Next》ボタンをクリックします。
    image.png

  5. 《I accept the terms in the Licence Agreement》(ライセンス契約の条項に同意します)をチェックして、《Next》をクリックします。
    image.png

  6. 《Next》をクリックします。(必要であればインストールフォルダを指定する)
    image.png

  7. 《Next》をクリックします。(基本的にはデフォルトのまま)
    image.png

  8. 《Next》をクリックします。(ネイティブアドオンのビルドはしないのでデフォルトのまま)
    image.png

    1. チェックボックスをチェックするとNode.jsのネイティブアドオンをビルドするための設定をします。
      ネイティブアドオンについては下部の参考サイトを参照してください。
  9. 《Install》をクリックします。
    image.png

  10. ユーザーアカウント制御の画面が表示されるので《はい》をクリックします。

  11. 《Finish》をクリックし、インストールを完了します。
    image.png

Node.jsの利用とインストール確認

  1. Windowsのスタートボタンを右クリックします。
    image.png

  2. メニューが表示されるので「Windows PowerShell」をクリックします。
    image.png

  3. Windows PowerShellの画面が開くのでコマンドを入力してNode.jsがインストールされているか確認します。
    image.png

    1. node --version Node.jsのバージョン確認コマンド
  4. インストールしたバージョン番号が確認できれば正常にインストールされています。
    image.png

  5. Windows PowerShellやコマンドプロンプトからNode.jsは利用できます。

参考サイト

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした