Help us understand the problem. What is going on with this article?

強力な ID 基盤による企業の保護

セッション説明

https://tokyo.myignitetour.techcommunity.microsoft.com/sessions/83686

メモ

  • 色々なクラウド製品を使うことによりIDが多数作られることになる
    • Azure ADを利用することによりIDを一つにできる
  • Magic Quadrant(ガートナー社)
    • Microsoftが2番手、1番はオクタ
    • 今後はOkta(オクタ)対応の機能強化
  • Azure ADの利用
    • 10万社
    • 2.5憶人(月間アクティブ(MAU))
    • 300憶回(1日の認証回数)
  • クラウドのすべてのIDを管理
    • プロビジョニング
    • CSV
    • Power Shell
    • Cloud HRからプロビジョニング可能
      • 現在は3社のみ
    • Azure ADからローカルADへの反映も可能
  • すべてのアプリをAzure ADと接続する
    • 1,419,000 アプリと接続している
    • 1年で倍に増えている
    • それだけクラウド利用が増えている
    • Secure Hybrid Access
    • サードパーティー製品を利用してHTTPとHTTPS以外のアクセスが可能になる
    • 外部からの接続がAzureADだけになるので監視はAzureADのみにできる
    • 接続検証されているアプリ
    • 3,200アプリ
    • MyAppsも見やすく改善
    • シングルサインオンの設定方法の改善
    • One Click SSO
    • 証明書の交換を手作業で行わなくても良くなった
    • 現在はまだ対応アプリは少ない
  • 全てのユーザーのアクセスを管理する
    • Identity governance(導入済み)
    • 4つの機能をまとめているだけ
      • エンタイトルメント管理
      • パッケージを作成して前提条件(権限)を設定
  • 業界をリードするセキュリティの実装
    • 目指すところはパスワードレス
    • Windows Hello
    • Microsoft Authenticater
    • FIDO2
    • 条件付きアクセス+ID保護
    • 条件付きアクセスの新機能
      • Report-Only mode
    • Identity Protection
      • UIの変更
      • リアルタイムにBANする機能が実装
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした