初心者エンジニアが初心エンジニアに勧める、「タイポグラフィカルエラー」対策

人はミスを犯す生き物と言いますが、
僕はその能力に関しては他の追随を許さない才能を持っています。

そんな僕がエンジニアとしてアプリの開発を試みるのは
いささか無謀かもしれません。

だって、コードはたった一文字間違えただけで動かないんですから・・・

タイポグラフィカルエラーとは

「タイポグラフィカルエラー」、
略して「タイポ」です。

文字の入力ミスで、コードが動かないことです。

あるエラーのために2時間、3時間、

ネットをさまよい、技術書のページを行き来して、
改めて見直すとタイポだったときのあの悲しみと怒り。

先輩エンジニアに、
「どうしてもこのコードでエラーが起こって・・・」
とアドバイスを求めた結果タイポだったときのあの空気。

経験したことありませんか?

ヒューマンエラーなので、
完全になくすことができるかどうかはわかりませんが、
先輩エンジニアに素敵な対策を一つ教えてもらいました。

タイポ対策:コードを見やすく書くこと

僕でも知っている、コーディングに関する名著、

「リーダブルコード」にも、その内容を貫く「良いコードの定義」として
同じようなことが言われていました。

僕はそれを知っていたはずなのに、そうしませんでした。

タイポに出会って、見やすいコードを書く重要性にやっと気づき、
自分のコードが「読みづらい」と自覚したからです。

初心者でもすぐできる、見やすいコードの書き方

といっても、

僕にできることは

  • ブロックとブロックの間に空白を開けること
  • 長いコードは改行して見やすくすること
  • インデント(コードの列)を見やすく整えること

最初はこんな簡単なことでいいんですって。

逆に、こんな簡単なことすら僕はやっていなかったわけです。
反省・・・

上記の3つのポイントを意識するだけでも、

タイポが発生したときに
どの部分がタイポか発見しやすくなりました!

もしあなたも僕と同じようにタイポを恐れ、憎んでいるなら、
見やすいコードを書いて、タイポで時間を無駄にしないようにしましょう!

こちらのサイトで見やすいコードを書くノウハウが紹介
されているので、ぜひ実践してください!

http://www.be-webdesigner.com/tips/coding/indent.htm

読んでいただいて、ありがとうございました:pray:

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.