Elm
Rails5

Elm&Rails5.1の環境構築 (globalに干渉せずに)

More than 1 year has passed since last update.

Rails5.1のwebpackerを用いて、Elmの環境を構築したのでメモ。

Rails5.1の導入

https://qiita.com/emadurandal/items/e43c4896be1df60caef0
にRailsをローカルにインストールする丁寧な解説が載っているので、これをそのまま実行しました。
(記事では、5.xは未確認となっていますが、問題なかったです)
Gemfileのrailsのバージョンを指定しなければ、最新がインストールされます。

Webpackerの導入

$ bundle exec rails server

でrailsサーバーが立ち上がったら、Webpackerをダウンロードします。

Gemfileに

gem 'webpacker'

を追加して、

$ bundle install --path vendor/bundle

を実行。

Elmのインストール

$ bundle exec rails webpacker:instal:elm

でElmがインストールされます。

確認方法としては、Main.elmが自動で生成されているので、これを表示してみる。

# app/view/application/index.html.erb

<%= javascript_pack_tag "hello_elm" %>

# config/routes.rb

Rails.application.routes.draw do
  get '/', to: 'application#index'
end

これらを書き足したら、をもう一回サーバーを立ち上げると「Hello Elm!」とブラウザに表示されるはずです。

$ bundle exec rails server

経緯

最初に紹介した記事の

$ bundle exec rails new example --skip-bundle

--webpack=elmを付け足して実行してもエラーになったので、対処法を探した次第です。

参考

https://pragmaticstudio.com/blog/2017/5/12/elm-with-rails-5-1