Mac
mount
外付けHDD
diskutil
ディスク

Mac の ターミナルでディスクを unmount / mount する方法

本記事の内容

本記事では、Mac で 外付け HDD を unmount / mount する方法を説明する。
説明の流れは、以下の通りである。

  1. unmount の方法と実行結果
  2. mount の方法と実行結果
  3. 蛇足) 本記事を書いた理由と sudo について

unmount の方法と実行結果

unmount の手順と unmount コマンドを実行した結果を説明する。

unmount 手順

  1. ターミナルを開く
  2. df -H を打つ
  3. diskutil list を打つ
  4. diskutil unmount <device> を打つ

実際に unmount した結果

$ df -H # 後でに実行する mount コマンドのオプションに指定する情報を取得するため
Filesystem      Size   Used  Avail Capacity iused               ifree %iused  Mounted on
/dev/disk1s1    120G    87G    29G    75%  932680 1234567890123843127    0%   /
devfs           201k   201k     0B   100%     680                   0  100%   /dev
/dev/disk1s4    120G   4.3G    29G    13%       5 1234567890124775802    0%   /private/var/vm
map -hosts        0B     0B     0B   100%       0                   0  100%   /net
map auto_home     0B     0B     0B   100%       0                   0  100%   /home
/dev/disk3s2    2.0T   990G   1.0T    50% 5334999          4289632280    0%   /Volumes/HD-WLU3

$ diskutil list # ディスクの状況を確認
/dev/disk0 (internal, physical):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:      GUID_partition_scheme                        *121.3 GB   disk0
   1:                        EFI EFI                     209.7 MB   disk0s1
   2:                 Apple_APFS Container disk1         120.5 GB   disk0s2

/dev/disk1 (synthesized):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:      APFS Container Scheme -                      +120.5 GB   disk1
                                 Physical Store disk0s2
   1:                APFS Volume Macintosh HD            84.8 GB    disk1s1
   2:                APFS Volume Preboot                 21.4 MB    disk1s2
   3:                APFS Volume Recovery                514.7 MB   disk1s3
   4:                APFS Volume VM                      1.1 GB     disk1s4

/dev/disk2 (external, physical):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:      GUID_partition_scheme                        *2.0 TB     disk3
   1:                        EFI EFI                     209.7 MB   disk3s1
   2:                  Apple_HFS HD-WLU3                 2.0 TB     disk3s2

$ diskutil unmount disk3s2 # ディスクの mount を実行
Volume HD-WLU3 on disk3s2 unmounted
$ 

補足

  • disk2 はディスク全体で、 disk3s2 は disk3 の2番めのスライス (=パーティション)を意味する。実際に unmount / mount するのはパーティションのため、コマンドのオプションには disk3s2 を指定する。

mount の方法と実行結果

通常の mount 方法とマウントポイントを指定した mount 方法、およびそれらの実行結果を説明する。USB を無理やり抜き差しするなどして ディスクのマウントに問題が発生した場合、後者の方法を実施する。

  1. 通常の mount 方法
  2. マウントポイントを指定した mount 方法

1. mount 手順 (通常の mount 方法)

  1. ターミナルを開く
  2. diskutil mount <device> を打つ
  3. df -H を打つ

実行結果

$ diskutil mount disk3s2
Volume HD-WLU3 on disk3s2 mounted
$ df -H
Filesystem      Size   Used  Avail Capacity iused               ifree %iused  Mounted on
/dev/disk1s1    120G    87G    29G    75%  932680 1234567890123843127    0%   /
devfs           201k   201k     0B   100%     680                   0  100%   /dev
/dev/disk1s4    120G   4.3G    29G    13%       5 1234567890124775802    0%   /private/var/vm
map -hosts        0B     0B     0B   100%       0                   0  100%   /net
map auto_home     0B     0B     0B   100%       0                   0  100%   /home
/dev/disk3s2    2.0T   990G   1.0T    50% 5334999          4289632280    0%   /Volumes/HD-WLU3

2. mount 手順 (マウントポイントを指定した mount 方法)

  1. ターミナルを開く
  2. sudo mkdir <マウントするパス>
  3. sudo diskutil mount -mountPoint <マウントするパス> <device> を打つ
  4. df -H を打つ

実行結果

$ sudo mkdir "/Volumes/HD-WLU3 1"
$ Password:
$ sudo diskutil mount -mountPoint "/Volumes/HD-WLU3 1" disk3s2
Volume HD-WLU3 on disk3s2 mounted
$ df -H
Filesystem      Size   Used  Avail Capacity iused               ifree %iused  Mounted on
/dev/disk1s1    120G    87G    29G    75%  932799 1234567890123843008    0%   /
devfs           201k   201k     0B   100%     680                   0  100%   /dev
/dev/disk1s4    120G   4.3G    29G    13%       5 1234567890124775802    0%   /private/var/vm
map -hosts        0B     0B     0B   100%       0                   0  100%   /net
map auto_home     0B     0B     0B   100%       0                   0  100%   /home
/dev/disk3s2    2.0T   990G   1.0T    50% 5335001          4289632278    0%   /Volumes/HD-WLU3 1
$

補足

  1. HD-WLU3 1にマウントしたはずなのに、Volume HD-WLU3 on disk3s2 mountedと出力された。dfコマンドで確認すると、 HD-WLU3 1にマウントされているので、dfコマンドの出力がバグっている気がする。
  2. sudo を付けずにマウントポイントを指定してmountを実行すると、以下のエラーが出る。dameged とか出力されて、ちょっとびっくりする。
$ diskutil mount -mountPoint "/Volumes/HD-WLU3 1" disk3s2
Volume on disk3s2 failed to mount
If the volume is damaged, try the "readOnly" option
$ 

蛇足

1. unmount / mount の方法をまとめた理由

Mac 上の Virtual Box で仮想マシンを起動しようとしたら、Virtual Box が 「"/Volumes/HD-WLU3 1"にディスクがありません」とエラーを出力し、仮想マシンを起動できなかった。
そのため、マウントポイントを指定して、ディスクを mount する必要があった。

2. diskutil の sudo

High Sierra の 10.13.6 (2018年7月頃?) から sudo が必要になったらしい。
10.13.6でESPをマウントする権限が変更される | Mac信者のHackintosh修行